日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化(1996・53号)

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


 

である。この人物像を母神から生まれた赤ん坊と解釈する意見もある。しかしよく見ると、人物像の両掌で地母神像の両脚を支えているようにも思われ、兜跋毘沙門天の地天女と同じ機能を有した地母神自体の可能性もある。チャタル・フュックの地母神像は、前号で指摘した中インド・バールフトのクベーラ・ヤクシャ像から兜跋毘沙門天像へと継承される台座と尊像との出自性や補助機能を具有し、地母神のダブルイメージを表現した普遍的な姿を私たちの前に見せてくれる。
ところで、チャタル・フュックはトルコ中部の古都コンヤから南東約六〇キロの場所に位置している。現在は范漠とした荒野にこんもりとした丘だけがとり残されているが(図B)、かつては狩猟に適した動物が闇歩し農産物が稔った豊穣の大地であったのだろう。私はアナトリア諸文明博物館でチャタル・フュックの地母神像を見た後この丘に立った時、この地母神像がここで造られた理由がおぼろげに察せられた。E・ノイマンが言うように地母神(グレート・マザー)は《玉座それ自体》で[注A]、まさに母なる大地に抱かれた子宮なのである。チャタル・フュックのこの丘もその意味では万物を生成する子宮=玉座であり、地母神像はその象徴に他ならない。また、この像の二匹の豹はチャタル・フュックの五日玉座の守護獣であり、事実チャタル・フュック出土の狩猟図壁画には豹や豹皮を着た人物が描かれており豹の守護獣性の傍証となるが、もし、兜跋毘沙門天になぞるなら(尼)藍婆・毘藍婆の二鬼を連想する。地母神(地天女)との原初的イメージはここに完成している。
さて、アナトリアの地母神信仰はチャタル・

055-1.gif

Cハシュラル出土の地母神像
(アンカラ・アナトリア諸文明博物館像)
Dカルケミシュ出土のクババ女神像(同右像)
Eコンヤ考古学博物館

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
892位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
11,505

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.自然と文化(1996・52号)
2.自然と文化(1996・54号)
3.舞鶴赤煉瓦建造物群調査報告書
4.白馬桃源郷青鬼の集落?長野県北安曇郡白馬村?
5.油津の町並みと堀川運河
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.平成8年度観光通訳研修会開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から