日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化(1996・53号)

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


 

郎の著『日本古代稲作史雑考』がたまたま私の家にあるんですよ。
渡部……それはその後『日本古代稲作史研究』と書き直されますけれども、最初は雑考でした。
谷川……『日本古代稲作史雑考』は、昭和二十六年四月五日が刊行日になっています。ところが、四月十一日に柳田さんが読んだことを示す、読了の文字が朱筆で書いてあるんですね。だいたい発行日から一週間足らずの間に読んでしまって、そしてすごく書き入れをしている。私も本当に驚きました。
そういうことで、私も稲については前から関心がなかったわけではありませんが、特に『稲のアジア史』は画期的なお仕事だと思っていました。

アジア史から見る特異な日本の稲作

004-1.gif

上・稲刈り
渡部……『稲のアジア史』の企画は、柳田先生たちの稲作史研究会の意図に共感するところから出発しました。言い換えれば、柳田・安藤両氏らの学問的態度を継承したいということが本書を成立させる上の基本的理解です。この二〇年ほどの間における稲あるいは稲作をめぐる研究成果の蓄積は、往年の比ではないのです。特に東アジア、東南アジア及び南アジアの稲の研究は隔世の感のある如く進歩したと言わねばなりません。『稲の日本史』においても、中国、朝鮮半島、インドシナ半島のそれぞれについて論じられてはいますが、今日からすれば物足りない記述も多く、当時の学問的水準のしからしむるところです。『稲のアジア史』の序文に少し気負ってつぎのように書きました。われわれは『稲の日本史』における先学たちの学問への姿勢を継承し、その後に展開した学問的蓄積を重ねて本書を構成しようと、あえて高名の『稲の日本史』に倣って、書名を『稲のアジア史』とすることに躊躇しない。今、私たちはその命名に値するであろう学問的山脈の頂上とはもち

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
933位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
10,318

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.自然と文化(1996・52号)
2.自然と文化(1996・54号)
3.舞鶴赤煉瓦建造物群調査報告書
4.白馬桃源郷青鬼の集落?長野県北安曇郡白馬村?
5.油津の町並みと堀川運河
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.平成8年度観光通訳研修会開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から