日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

21世紀の人口・食糧戦略?アジアと世界?

 事業名 人口と開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


 

2 縁の革命の経済・社会的評価

 

1) 緑の革命のマクロ的貢献
以上で見てきたように、緑の革命が世界にもたらした技術的成果としての米の大増産は、かつて輸入食糧に大きく依存してきたインドやインドネシアなどアジアの人口大国その他での食糧自給率を高め、それらの国レベルだけの問題ではなく、世界における食糧需給バランスの改善に大きく貢献して、世界レベルでの食糧問題の解決に対して重要な役割を果たしてきた。
近年におけるアジア諸国の経済成長の目覚しさは正に注目に値するものであるが、その大きな前提として農業の発展、食糧の増産があったことを無視すべきではない。後発途上国の工業化にとって、低労賃は国際競争力を強める条件であるが、緑の革命による食糧大増産は依然賃金財としての性格の強い食糧価格の高騰を抑えて工業化に貢献した。今や日本やNIEs諸国からの後発アジア諸国への企業進出は著しいものがあるが、それらの国の低労賃維持に果した食糧増産の意義は大きい。このように、アジア諸国のマクロ経済のダイナミックな発展に対して、緑の革命は積極的な貢献を果したと云っても過言ではない。この点は、いまだに食糧不足が構造化して毎年無償の食糧援助を受けている国の多いアフリカでの経済の停滞との対比からも明らかである。
食糧の消費者である都市住民、あるいは、農村における非農業産業の従事者にとって、緑の革命は安価な食糧を提供するとともに、肥料産業の拡大、流通食糧の増大による関連産業の活性化にも寄与しており、また、都市のインフォーマル・セクターで働く最貧層の食糧アクセスをより容易にすることで社会的緊張の緩和にも役立ったはずである。
このように、緑の革命は、世界の食糧問題および各国の一般経済・社会に対しては、基本的にプラスの貢献をしてきたとみなしてよかろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
136,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.Population and Food Strategy for 21st century - Asia and World -
2.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
3.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(日本語)
4.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
5.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
6.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(中国語)
7.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
8.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
9.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(インドネシア語)
10.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
11.第12回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・マニラ1996/2/12-13
12.The 12th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - MANILA 1996/2/12-13
13.第13回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・神戸1997/3/17-18
14.The 13th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - KOBE 1997/3/17-18 -
15.「人口と開発国際協力」の報告書
16.第6回アルコール関連問題対策国際会議
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から