日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

21世紀の人口・食糧戦略?アジアと世界?

 事業名 人口と開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


 

第5章 緑の革命の評価と将来

 

日本大学生物資源科学部教授
山田三郎

 

はじめに

 

第二次大戦後、途上国における人口爆発の結果、戦前には全く経験されなかった高率で世界の人口は増加し、食糧需要は著しく増大した。しかし、世界の食糧供給は、何回かの食糧危機と云われた時期はあったものの、需要増大に対応する供給拡大を実現し、世界規模での食糧不足が持続することなしに今日に至っている。(1)このような食糧の供給拡大がなかったらもたらされたかも知れない、地球規模でのマルサス的危機を回避する上で、最大の貢献を果たしたのが「緑の革命」(Green Revolution)である。
周知のように、緑の革命は、1960年代当初ロックフェラー財団・フォード財団を中心に設立された国際農業研究機関であるフィリピン、ロスバニオスの国際稲研究所(International Rice Research Institute, 略称IIRRI)で開発された高収量の稲の新品種、並びに、メキシコでロックフェラー財団が1940年代から進めてきた現在の国際とうもろこし小麦改良センター(略称CIMMYT)で開発されたとうもろこしと小麦の新品種の普及による、穀類の世界的大増産の実現である。これら高収量品種の開発は、アメリカ・日本を中心とした先進国農業技術の途上国農業への国際技術移転の典型的事例として位置づけられるものである。
本章では、特にアジアで重要な意味をもつ稲に限定して、まず、緑の革命を技術的側面から評価し、次いで経済的・社会的側面からの評価を行い、最後に、その将来的展望を試みる。

 

1 縁の革命の技術的評価

 

緑の革命の核となる技術的革新は、従来、アジアで広く栽培されてきた在来品種

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
136,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.Population and Food Strategy for 21st century - Asia and World -
2.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
3.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(日本語)
4.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
5.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
6.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(中国語)
7.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
8.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
9.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(インドネシア語)
10.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
11.第12回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・マニラ1996/2/12-13
12.The 12th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - MANILA 1996/2/12-13
13.第13回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・神戸1997/3/17-18
14.The 13th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - KOBE 1997/3/17-18 -
15.「人口と開発国際協力」の報告書
16.第6回アルコール関連問題対策国際会議
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から