日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

21世紀の人口・食糧戦略?アジアと世界?

 事業名 人口と開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


 

2 南アジア

 

1) 継続する食料問題
インドを中心とする南アジアの貧困人口は5.2億人、栄養不良人口は2.7億人で、全世界の各人口の47%と34%、また南アジアの総人口の51%と24%を占めている1。飢餓が購買力の不足を基本的原因とするものである以上、飢餓の解消は、食料の再分配ではなく、飢餓の生じているその地で農業・農村振興を行う以外に道はない。農業で直接・間接に生計を立てている人口が圧倒的多数を占める南アジアなどでは特にそうである。
南アジアの経済に占める農業の地位は依然高い(表2)。GDPシェアこそ近年急速に低下し30%を下回る状況も出てきたが、人口の70〜90%は農村居住者であり、また労働力人口の50〜60%以上を吸収しているのが現状である。
土地資源に恵まれない南アジアでは、農業は、経済発展のエンジンにはなり得ないであろう。しかし、農業成長が経済発展の重要な基礎条件の一つであり、農業を軽視した開発戦略が失敗に帰してきたことは、食料危機を契機とした1960年代半ばのインドの重化学工業化の挫折を想起するまでもなく、歴史が雄弁に物語る通りである。1991年以来、インドは本格的な経済自由化路線に転換し、これまでのところ「新中間層」の消費ブームに支えられて順調であるが、農業の動向次第では予断を許さない。1970年代末の農村改革による農業生産力の上昇と農村所得の平等で大幅な引上げを前提条件として、郷鎮企業を中心とする急速な工業化を達成しつつある中国の経験は、南アジアにとっても貴重な教訓となろう。
南アジアの農業は、可耕地が耕され尽くして久しく人口増加圧力による環境劣化が強まるという悪条件に抗し、食料増産を通じて住民の貧困と栄養不良を改善しつつ、経済発展の基盤を形成していくという、重要かつ困難な課題を背負わされているのである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
136,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.Population and Food Strategy for 21st century - Asia and World -
2.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
3.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(日本語)
4.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
5.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
6.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(中国語)
7.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
8.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
9.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(インドネシア語)
10.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
11.第12回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・マニラ1996/2/12-13
12.The 12th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - MANILA 1996/2/12-13
13.第13回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・神戸1997/3/17-18
14.The 13th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - KOBE 1997/3/17-18 -
15.「人口と開発国際協力」の報告書
16.第6回アルコール関連問題対策国際会議
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から