日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

21世紀の人口・食糧戦略?アジアと世界?

 事業名 人口と開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


 

の手段の選択を無視して、ひたすら国家目標の達成のために強制や人権の侵害が起きたことも事実である。これでは現行の家族計画普及活動に限界があるとの反省も生まれた。1994年の国際人口・開発会議では、これまでの家族計画よりももっと広く、総合的視点からアプローチすることが、一見迂遠にみえてもそれが究極的には有効であるとした。それが女性のエンパワーメントであり、リプロダクティブ・ヘルスの概念である。

 

7 結語

 

女性のエンパワーメント、そしてリプロダクティブ・ヘルスというアプローチによって、世界の人口問題を解決できるだろうか。これに対して日本やアジアNIEsでは、過去に女性の地位が低くても出生率は低下した実績がある。女性のエンパワーメントだけでは、なかなか途上国に地すべり内出生率をもたらすのは難しいのではないかとのコメントが行われている。またここで“総花的に”、女性に関する社会開発に対して元来乏しい予算を配分するのは、これまで比較的少ない資金で効果のあった家族計画普及活動に水を差すことになるのではないか、という意見もある。
しかし、国際人口・開発会議でリプロダクティブ・ヘルスという漸新なアプローチが提唱されなかったら、そしてあれほどフェミニズム志向のNGOの声が聴かれなかったならば、会議は退屈なものになり、人口問題への世界中の関心は今日ほど高まらなかったであろう。それを支える開発がないままに、国家目標を全面に出し、飴と鞭で家族計画を普及させようとするアプローチには限界があることが分かったのである。このままで行けば、やがて期待される手詰まり状態から脱却するためには、リプロ・ヘルスのような新鮮なイメージと新しい発想が必要であったのであろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
136,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.Population and Food Strategy for 21st century - Asia and World -
2.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
3.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(日本語)
4.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
5.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
6.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(中国語)
7.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
8.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
9.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(インドネシア語)
10.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
11.第12回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・マニラ1996/2/12-13
12.The 12th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - MANILA 1996/2/12-13
13.第13回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・神戸1997/3/17-18
14.The 13th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - KOBE 1997/3/17-18 -
15.「人口と開発国際協力」の報告書
16.第6回アルコール関連問題対策国際会議
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から