日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

21世紀の人口・食糧戦略?アジアと世界?

 事業名 人口と開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


 

中位推計によれば、世界人口は2150年に115億人となり、22世紀後半に120億人台で安定すると予測される。一方中/高位推計をみると、世界人口の安定化はまだ先のことのようにみえる。2150年には208億人となり、中位推計よりも1.8倍増える。高位推計によれば、2150年の世界人口は280億人で、安定化はみられない。一方、1990年の出生率を一定とする推計では、2150年の世界人口は6,942億人で、これは途方もない数字である。最後に順序が後先になったが、NRRが一據に1.0に低下する推計によれば、それでも人口増加はしばらく続き、2150年の人口は1990年の人口の1.6倍となる。これが人口のモメンタムと呼ばれる、人口の惰性的増加である。
以上の将来の世界人口推計をみて、中位推計は途上地域の出生率低下、特にアフリカのそれをやや楽観的にみているように思われるので、中/高位推計の方がより現実的であるとも考えられる。そうであれば2150年の世界人口は208億人でその後さらにいくらか増加するのは必至である。はたして世界の人口扶養力が200億人以上の人口を支えるほどあるのかどうかが、次の課題となろう。次節においてそれらを論ずる。
さて、図1は世界人口の増加率の超長期的推計を示したものである。先史時代から現在までの推移で特徴的なのは、18世紀以前は人口増加率が平均して極めて低かったことである。もし世界人口の静止が将来の姿だとする国連推計が正しければ、図1に示すように何百万年にも及ぶ人類の歴史と今後の長い未来を通じて、人口増加率が1%を超えたのは20世紀から21世紀前半にかけての100年にも満たないごく短い時代にすぎなかったことになる。現在生を受けた人々は、まことにもって希有の時代を生き、人口の歴史の上で最も劇的な転換を眼の当たりにする無上の機会に恵まれることになる。

 

5 世界の人口扶養力

 

地球はどのくらいの世界人口を扶養できるか。これは古くて新しい問題である。最近書かれたコーエン(Joel E. Cohen)のHow Many People Can the Earth Support? (W.W.Norton& Company 1995)によれば、世界人口の扶養力を初めて計算した人は顕微鏡の

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
136,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.Population and Food Strategy for 21st century - Asia and World -
2.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
3.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(日本語)
4.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
5.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
6.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(中国語)
7.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
8.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
9.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(インドネシア語)
10.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
11.第12回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・マニラ1996/2/12-13
12.The 12th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - MANILA 1996/2/12-13
13.第13回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・神戸1997/3/17-18
14.The 13th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - KOBE 1997/3/17-18 -
15.「人口と開発国際協力」の報告書
16.第6回アルコール関連問題対策国際会議
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から