日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

21世紀の人口・食糧戦略?アジアと世界?

 事業名 人口と開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


 

3 途上地域の人口爆発とその鎮静化への努力

 

日本では人口問題というと人口高齢化、少子化、そして21世紀の人口減少の予想である。しかし世界全体をみると、世界人口、特に途上地域における人口爆発的増加、それに関係する貧困の増大、環境破壊が進行しており、この方がメジャーな地球的規模の問題である。先進地域における出生率の異常低下と人口高齢化はそれ自身として由々しい問題であるが、このところ毎年9000万人近い人口が新らたに加わって地球の収容力に負担を増している現状と比較すると、まだマイナーな問題である。(もっとも将来中国、インドで出生率低下の必然の帰結として高齢化問題が深刻になる可能性もあるが、インドはまだ大分先の話である。)しかも、世界人口増加の95%は貧しい途上地域で現在起きていることが、事態の深刻さを物語っている。
すでに述べたように、途上地域の烈しい人口増加は、何といっても出生率が非常に高くその低下がこれまで緩慢であったのに対して、戦後の死亡率低下が予想以上に著しく低下したことである。もちろんそのほかに、これまた前述の、戦前から現在までに集積されたべース人口が巨大であるという人口モメンタムの効果も重要である。しかしいずれにせよ、将来の世界人口の動向は途上地域の出生率がこれからいかに低下するかにかかっているといえよう。
そこで、出生率の指標として合計特殊出生率をとり、途上地域と先進地域の過去の趨勢、そして将来の予測された動向を眺めておく必要がある。表3は国連の人口推計に基づいて合計特殊出生率の推移を途上・先進地域別に示したものである。合計特殊出生率とはある時点における年齢別出生率を合計したもので、年齢構成の影響を除いたものである。この率がそのまま長期的に続くと1人の女性が再生産期間を通じて平均何人の子供を産むかを示す指標である。さて途上地域をみると、1950−55年では合計特殊出生率(原語はtotalfertility rateであるので以下TFRと省略)は6.13と非常に高かった。しかし1970年を過ぎる頃から顕著に低下し始め、1985−90年は3.83、1990−95年は3.48となっている。しかしながら、

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
136,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.Population and Food Strategy for 21st century - Asia and World -
2.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
3.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(日本語)
4.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
5.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
6.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(中国語)
7.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
8.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
9.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(インドネシア語)
10.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
11.第12回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・マニラ1996/2/12-13
12.The 12th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - MANILA 1996/2/12-13
13.第13回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・神戸1997/3/17-18
14.The 13th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - KOBE 1997/3/17-18 -
15.「人口と開発国際協力」の報告書
16.第6回アルコール関連問題対策国際会議
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から