日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

21世紀の人口・食糧戦略?アジアと世界?

 事業名 人口と開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


 

5 世界の食糧需給構造を支えた冷戦構造

 

世界の食糧需給の基調は、世界的な政治、経済構造の変化に深く規定されて、その大きな世界的流れの中で変化している。第二次世界大戦後の世界の食料需給を左右してきた基底には東西冷戦構造がある。東西冷戦構造の下で、世界は二分され、東側の社会主義諸国では市場経済が否定され、基本的に食糧の国内ないし圏内の自給が図られてきた。西側諸国では市場経済が原則とされ、国際貿易ではGATT体制の下で自由貿易が建前として目指されたが、実際は農産物の価格支持、生産調整、貿易制限等様々な形で政府が市場に介入し、自由な市場経済に伴う矛盾、社会的弊害を緩和し、農民、労働者の急進化、社会主義志向を防止しようとした。開発途上諸国ではかなりの国で社会主義的な計画経済と食糧自給政策が採られ、資本主義的な政策を基調とする国でも様々な農業保護による食糧増産が図られた。FAOや、国際稲研究所IRRIをはじめとして国際的な農業研究機関が設立され、アメリカを中心に西側先進国は開発途上諸国の食糧増産の支援してきた。東西の経済制度を巡る争いの場となったエチオピアなど一部の開発途上国では、先進国の余剰農産物処理の一環として食料援助が、その国の食糧の自立を長期的に見れば阻害し、さらに国内の経済混乱を深め、社会的政治的混乱に拍車をかけた。
このように東西の冷戦構造は世界の食料需給を根底において左右してきた。この結果、世界全体として見れば、「緑の革命」の成功に象徴されるように、人口の増加を上回る食糧増産が達成され、1980年代には世界的に食糧問題について楽観論が支配的となり、GATTウルグアイラウンド交渉では農業保護の削減が世界的な課題とされるようになった。このような冷戦時代の世界の食料需給の趨勢をそのまま将来に延長していけば楽観的な見通しが得られことは明らかである。
ところが、1980年代末にいたり、東西冷戦構造は崩壊し、社会主義的計画経済はソ連、東欧、中国などにおける壮大な歴史的実験に失敗した。これに伴い、世界の食料需給構造も大きく変化し、食糧も世界的な商品市場の一環に最終的に組み込まれ、世

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
136,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.Population and Food Strategy for 21st century - Asia and World -
2.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
3.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(日本語)
4.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
5.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
6.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(中国語)
7.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
8.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
9.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(インドネシア語)
10.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
11.第12回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・マニラ1996/2/12-13
12.The 12th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - MANILA 1996/2/12-13
13.第13回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・神戸1997/3/17-18
14.The 13th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - KOBE 1997/3/17-18 -
15.「人口と開発国際協力」の報告書
16.第6回アルコール関連問題対策国際会議
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から