日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

21世紀の人口・食糧戦略?アジアと世界?

 事業名 人口と開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


 

4 世界食糧需給の楽観論と悲観論

 

1980年代までの世界の食糧需給は、アフリカなどの例外はあるが、世界的に見れば、「緑の革命」に象徴される科学技術の成果により、人口の増加を上回る食糧生産が実現されてきた。ところが、1990年代半ばになって、1995年のアメリカの穀倉地帯を襲った不作をきっかけとして、国際穀物市場は逼迫し世界の穀物在庫は史上最低を記録する事態となり、世界的な食糧の需要と供給のバランスについて多くの人が不安を抱く状況となっている。世界の人口は、今や57億を越え、30年後の2025年には85億人を越えるとの予測されているのに対して、食糧生産の基盤となる地球の環境と資源の制約が多くの人々によって予感されており、世界の食糧需給の将来を懸念させる要因となっている。
世界全体としての食料需給の展望について、国際機関、主要国の農業関係機関の見通しは、FAOの2010年見通しに示されるように世界の栄養不足人口は減少し、国際穀物価格は横ばいないし低下傾向を示すという点でおおむね楽観論であるということができる。しかし、ワールド・ウォッチ研究所のレスター・ブラウン氏は、「戦争ではなく食糧不足こそが将来の最も重大な脅威である」との警告を発してる。これを裏付けるかのように国際稲作研究所IRRIの報告では将来における米の単位当たり収量の増加が鈍化し、世界的に米が不足する可能性があることを指摘している。このように世界の食料需給の将来展望は楽観、悲観の両極端に分かれている。いったい何れが正しいのか、多くの人がその答えを求めている。
この明らかに矛盾した世界の食料需給の長期展望に関する楽観論と悲観論は、実は必ずしも両立しないものではない。楽観論は、十数年程度の将来の展望であり、悲観論は数十年の超長期の一つの可能性について警告を発したものである。現状、あるいは過去の傾向のうち、何を主要な、あるいは支配的なものとして強調するか、さらに十数年の将来を見るか、数十年の超長期の将来を見るかによって長期展望は大きく変わるのである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
136,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.Population and Food Strategy for 21st century - Asia and World -
2.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
3.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(日本語)
4.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
5.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
6.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(中国語)
7.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
8.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
9.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(インドネシア語)
10.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
11.第12回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・マニラ1996/2/12-13
12.The 12th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - MANILA 1996/2/12-13
13.第13回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・神戸1997/3/17-18
14.The 13th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - KOBE 1997/3/17-18 -
15.「人口と開発国際協力」の報告書
16.第6回アルコール関連問題対策国際会議
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から