日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

21世紀の人口・食糧戦略?アジアと世界?

 事業名 人口と開発国際協力
 団体名 アジア人口・開発協会 注目度注目度5


 

of Action)が採択された。これは世界の人口問題を解決するために経済社会開発を推進することについて参加各国が合意してまとめたものである。それまで世界の人口問題に関する認識と政策について必ずしも世界的な合意がなかったが、この会議によって事情が一変した。そのことは10年後にメキシコ・シティーで開かれた「国際人口会議」における参加各国の状況報告にはっきりと示された。この表2で1975年を境にして世界の多くの地域で人口増加率が低くなっている背景にはそのような事実があった。

 

2 世界人口の将来

 

世界人口が今後どのように推移するかは大きい問題である。国連は1951年に最初の推計を発表してから1994年の最新の推計まで14回世界人口の将来推計を発表している。
国連の1994年推計は1990年を基準年として2050年までの推計を行っている(表3)。世界人口は1995年に57億人、2000年に62億人、2025年に83億人、2050年には98億人となる見込みである。来世紀半ばに世界人口は100億人に近い大きさになることが予測されている、この大きさをどう見るか、途方もなく大きいとみるか、それほどでもないと見るかは簡単に答えられる問題ではない。国連の1992年の推計と比較すると世界人口の予測は少な目になっている。2000年の時点で、92年推計より7000万人少なく、2025年には1億8000万人ほど少なくなっている。これは世界人口の出生率が予想以上の早さで低下していることを反映して推計された結果であり、それには大きい意味がある。
世界人口の将来を地域別にみると、先進地域の人口はいくらか増加するもののそれはきわめて小さく、増加の大部分は発展途上地域で起こる。1995年から2050年までの間に世界人口は41億人増加するが、先進地域での増加は4100万人、発展途上地域での増加は40億7000万人である。その結果1995年に先進地域と発展途上地域の人口の配分は、前者が20%、後者が80%であるが、2050年には12%と88%となる。今後人口が増加する発展途上地域でも増加の状況にはかなり大きい違いが見られ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
103位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
136,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.Population and Food Strategy for 21st century - Asia and World -
2.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
3.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(日本語)
4.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
5.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
6.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(中国語)
7.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
8.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?
9.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(インドネシア語)
10.2025年への決断?アジアの人口増加と食料?(スライド台本)
11.第12回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・マニラ1996/2/12-13
12.The 12th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - MANILA 1996/2/12-13
13.第13回人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議報告書・神戸1997/3/17-18
14.The 13th Asian Parliamentarians' Meeting on Population and Development - KOBE 1997/3/17-18 -
15.「人口と開発国際協力」の報告書
16.第6回アルコール関連問題対策国際会議
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から