日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「小型舟艇の普及活動」の報告書

 事業名 小型舟艇の普及活動
 団体名 日本マリーナ・ビーチ協会 注目度注目度5


■事業の内容

モーターボート又はセールボートヘの乗船及び説明会
(1)テ  ー  マ   海と友だち・海をきれいに
(2)開 催 場 所   協会傘下の78マリーナで開催
(3)開催回数及び日数  期間中 1マリーナ2回以上開催
(4)内     容
[1] 説 明 会  期間中 1マリーナ1回開催につき1時間の説明会を実施した。
[2] 乗船時間割
a.モーターボート乗船  期間中 1マリーナ1回開催につき最低50分単位で3稼働以上実施した。
b.セールボート乗船   期問中 1マリーナ1回開催につき最低50分単位で3稼働以上実施した。
[3] 参加者記念品の作成、配布
 参加者記念品としてTシャツ6,000着(1マリーナ平均75着)を作成し、マリーンウィークに参加した小・中学生を主体に配布した。
[4] ポスターの作製、配布
 マリーンウィーク開催の周知ポスター1,460枚を作製し、開催マリーナ960枚(1マリーナ14枚)及び非開催マリーナ、関連団体等500枚(平均各2枚)を配布し適宜提示した。
[5] 指導、啓蒙用パンフレットの作製、配布
 指導、啓蒙用のパンフレット8,800部を作製し、マリーンウィーク参加者への説明会テキスト用5,840部及び一般利用者の指導、啓蒙用として2,960部を会員マリーナ等に配布した。
(5)講師人数
1マリーナにつき  a.説明会講義講師  1人
b.乗船指導員    2人
(6)参加人数
 1マリーナ48名の計画に対し、相当上回る平均61名が参加された。
 また、延べ参加者は4,793名であった。
■事業の成果

マリーンウィークの期間(7年7月25日〜7月31日)を中心に協会傘下の78マリーナを地域住民をはじめ、一般に広く開放して延べ4,793名の参加を得て、マリーナに対する理解を深めると共に、海に親しみを持たせ、海洋レクリエーションの底辺拡大と健全な海事啓蒙普及に寄与することを目的とした標記のモーターボート又はセールボートヘの乗船及び説明会を開催したことに依って当初の目的に添った大なる成果を得られたものと思われる。
なお、モーターボート又はセールボートヘの乗船及び説明会を開催しなかった80の会員マリーナにおいても、作製配布した指導啓蒙用パンフレットを有効に活用して十分な成果を収めた。
また、当事業は運輸省が主催して行った「海の旬間」行事の一環としても相応の成果を収めたものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14,336位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
109

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.「人にやさしい海岸施設のあり方に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から