日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「国外航路標識に関する調査研究」の報告書

 事業名 国外航路標識に関する調査研究
 団体名 日本航路標識協会  


■事業の内容

(1) IALA理事会への出席
 第11回IALA理事会は、平成6年6月15日から17日までの間、また、第12回IALA理事会は、平成6年12月8日から9日までの間、IALA本部(フランス サンジェルマン アン レイ)で開催された。それぞれ参加各国理事及び関係者と意見交換を行い、航路標識に関する国際的な動向把握に努めた。
なお、本理事会では、次の議題について報告、討議が行われた。
[1] 第11回IALA理事会
a. IALAの財政について
b. 会員の入退会について
c. IALA刊行物について
d. IALA新事務局長の正式指名について
e. 各国際機関の活動とIALA業務について
f. IALA新委員会について
g. 第14回IALA会議について
h. その他
[2] 第12回IALA理事会
a. IALA財政報告について
b. 会員の入退会の承認について
c. 関連国際会議出席報告について
d. 関連国際機関との共同研究について
e. IALA各委員会の業務について
f, IALA刊行物について
g. 第14回IALA会議について
h. その他

(2) IALA技術委員会への出席
 IALA技術委員会(電波航法業務委員会)は、平成6年10月3日から7日までの間、IALA本部(フランス サンジェルマン アン レイ)で開催され、参加各国委員及び関係者と技術的な情報交換を行い、電波航法業務に関する国際的て動向把握に努めた。
なお、本電波航法業務委員会においては、次の議題について報告、討議が行われた。
a. 全世電波航法システムに関する必要要件について
b. ロランC/チャイカ連携システムの有効範囲等について
c. 中波ビーコン周波数帯の用途について
d. レーダー反射エンハンサーの性能基準について
e. ECDISのデータに関するIMO、IHO基準について
f. レーダーとレーコンの機能上の整合について
g. その他

(3) WGA(ワイルド・グース・アソシエーション)シンポジウムヘの出席
 第23回WGAシンポジウムは、平成6年10月31日から11月3日までの間、米国(ロードアイランド州ニューポート)で開催され、ロランCに関する最新の技術情報の収集、意見の交換を行うとともに、米国及び参加各国の動向把握に努めた。
 シンポジウムは、次の議題等について発表、討議が行われ多数の技術レポートが提出された。
a. ロランCシステムの管理・運用について
b. ロランC/GPSの結合システムの利用可能性について
c. ロランCで補強した「GPC/ソーロフィックス」の実験について
d. 北西ヨーロッパ及び東アジアロランCチェーンの整備について
e. その他
■事業の成果

本事業により、IALA理事会、IALA技術委員会、WGAシンポジウムヘ出席し、航路標識事業について積極的に情報・意見交換等を行い、国際的現状と動向を把握するとこができたことは、今後国際協力を推進していくうえで大きな成果が得られ、もって、航路標識事業の発展、船舶の航行安全と効率的な運航に寄与するものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15,218位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
91

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「海王丸代船建造」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から