日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「造船協力事業者の活性化に関する調査研究」の報告書

 事業名 造船協力事業者の活性化に関する調査研究
 団体名 日本造船協力事業者団体連合会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 造船協力事業者の実態調査
 会員所属企業に対し、売上状況、採算状況、雇用状況等、特に近年社会問題となっている人手不足、労働時間、活性化を図るための課題等について調査項目を記載した実態調査表を作成し、会員所属企業を対象に配布調査を行い、全体的な統計処理を各事業形態別・地域別に行い、報告書を作成配布した。
[1] 調査表
a. 規格   B5判 12P
b. 部数   1,700部
c. 調査先  会員所属企業
d. 内容   造船協力事業者の実態調査
[2] 報告書
a. 規格   B4判 65P
b. 部数   1,000部
c. 配布先  会員、関係団体、関係官庁等
d. 内容   造船関係協力事業者の実態報告書
■事業の成果

造船業界は、造船市況の復調に伴い活気を呈しているものの人手不足、従業員の高齢化、未熟練労働者の就業及び定着率の悪化等様々な問題を抱えこうした諸問題に起因して協力工の技術力の低下、並びに労働災害多発が懸念される状況にある。
 この様な状況下において、貴会の補助を受け、技術対策としては、現地ニーズに沿った玉掛、塗装、高所作業車等の技能講習を行う「一般技術指導」並びに溶接初心者及び未熟練者等を対象に実践的技術習得を図るための「溶接技術習得指導」を行い、安全対策としては、安全の徹底、普及を図るため「安全講習会」、災害を未然に防ぐための「危険予知訓練」及び安全衛生向上を図るための「粉じん障害防止指導」を行った。
 その結果、わが国造船業の一翼を担う造船協力事業者に対し、技術水準の維持向上、安全意識の高揚・普及、並びに安全衛生の向上に大きな成果をもたらすものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15,000位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
97

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.「造船協力事業者に対する技術安全指導」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から