日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「保育事業の振興並びに従事者の資質向上」の報告書

 事業名 保育事業の振興並びに従事者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 永年勤続保育者の表彰
[1] 認可保育所に30年以上勤続している保育所長及び20年以上勤続している有資格保母等に対し、その多年の功績をたたえるため東京に招き表彰状及び記念品を贈呈し、その労をねぎらい激励した。
[2] 表彰式の状況
a. 日時    平成4年11月6日(金)
b. 場所    麹町会館 クリスタルホール
c. 被表彰者  北海道 水野和子 他284名
(2) 保育園児と老人とのふれあい活動に関する調査研究
[1] 内容
 保育園児と老人との交流の状況とそのあり方を明らかにし、保育所保育の向上と保育園児の健全な育成を図った。
[2] 実施状況
a. 前年度実施した第一次調査の集計概要に基づき、調査結果の分析、研究を行った。
b. 第二次調査(実地調査)として、4年7月13日〜9月18日交流活動を実施している保育所、老人ホーム、老人クラブの面接調査、保育所保護者の家庭のアンケート調査を行いその結果を分析研究した。
c. 報告書を作成し、5年3月15日関係先への配布を完了した。
(3) 親子のふれあい広場(大会)の開催
[1] 内容
 保育所が中心となって、地域の特色等を活かし、親が子どもと一緒に楽しく遊びながら子どもの生活を理解し、ふれあいを深めることによって、子どもの健全な成長を図った。
[2] 実施状況
a. 実施箇所数  10ヵ所
b. 開催日数   1ヵ所 1日
c. 参加人員   1会場 約300名
(4) 保育・保健研修セミナーの開催
[1] 内容
主題 新しい保育保健の展開を目指して
a. 基調講演
(a) 保育の視点からみた乳幼児の保健の課題
(b) 保育から始める成人病予防
b. パネルディスカッション
保育所における健康教育
c. 分科会
第1  外国人乳幼児の保育と保健
第2  健康診断と保健指導
第3  歯科保健
第4  特別な食事を必要とする児童
[2] 実施状況
a. 実施ヵ所数  2ヵ所
(a) 東京開催
イ. 日時    平成5年1月14日(木)・15日(金)
ロ. 場所    全共連ビル(東京都千代田区)
ハ. 参加人数  約200名
(b) 大阪開催
イ. 日時    平成5年2月10日(水)・11日(木)
ロ. 場所    大阪国際交流センター(大阪市天王寺区)
ハ. 参加人数  約200名
(5) 指導保育者の海外研修
[1] 研修の内容
 保育所に勤務し指導的立場にある保育者をアメリカ・カナダに派遣し、当該国における保育に関する専門的な知識及び技術等を習得させるため、制度・乳児・障害児保育及び地域社会とのかかわり方等についての研修を行った。
[2] 研修実施期間  平成4年9月14日〜9月26日までの13日間
[3] 研修訪問国   アメリカ、カナダの2ヵ国
[4] 研修参加人員  公認保育所の指導的立場にある保育者等 25名
■事業の成果

近年における婦人就労の増加と多様化、育児意識の変化などに伴い育児の面でさまざまな問題が発生してきているが、これらに対しては、児童のみならず、若い保護者に対する指導をも必要としている現状から、保育に従事するものが相協力し、全国の保育所の水準を一層高めることが社会の要請となってきている。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14,836位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
95

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.「保育事業の振興並びに従事者の資質向上」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から