日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「造船協力事業者の活性化に関する調査研究」の報告書

 事業名 造船協力事業者の活性化に関する調査研究
 団体名 日本造船協力事業者団体連合会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 造船協力事業者の実態調査
 会員所属企業に対し、経営状況、営業種目、従業員状況・就労状況及び設備保有状況等、特に近年社会問題となっている人手不足、労働時間、活性化を図るための課題等について調査項目を記載した実態調査表を作成し、会員所属企業を対象に配布調査を行い、全体的な統計処理を各事業形態別・地域別に行い、報告書を作成配布した。
[1] 調査表
a. 規格   B5版 12P
b. 部数   1,700部
c. 調査先  会員所属企業
d. 調査表  造船協力事業者の実態調査表
[2] 報告書
a. 規格   B4版 50P
b. 部数   1,000部
c. 配布先  会員、関係団体、関係官庁等
d. 報告書  造船関係協力事業者の実態報告書
■事業の成果

造船業界は、長期にわたる造船不況に区切りをつけ、不況対策から21世紀に向けての魅力ある産業作りへと政策転換を図りつつあり、我々造船協力業界においても魅力ある業界として生き残って行くためには、劣悪化した業界イメージを巻き返すべく労働条件、作業環境問題等の改善を促し、活性的で魅力ある造船協力業を確立し、造船協力事業者の経営基盤強化を図って行かねばなりません。しかしながら、造船協力事業者は地域の元請造船所に密着した企業により構成され、地域造船所の景気動向により著しく影響を受けているのが現状であり、労働者の雇用、労働条件の立ち遅れ、工員の高齢化、若年者の低入職率など様々な問題を抱えており、特に人材確保は今後更に厳しい状況が予想されている。
 こうした状況下において、全国の会員所属企業を対象に活性化を図る為の課題等を含めた調査表を作成配布し、その実態を調査して各事業形態別・地域別の実態を把握するとともに、報告書を作成配布して広く周知できたことにより、会員所属企業の体質改善並びに今後の在り方、将来ビジョン等について活性的で魅力ある造船協力事業の確立に向けての資として大きな成果があったものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14,953位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
97

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.「造船協力事業者に対する技術安全指導」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から