日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「国民の体力および運動処方等の調査研究」の報告書

 事業名 国民の体力および運動処方等の調査研究
 団体名 体育科学センター 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 体力の調査研究
[1] 調査方法
 アンケート調査、面接調査および機器を用いた測定等を行った。
[2] 調査対象(被験者)
 成人1班40名(男女各20名) 10班400名
[3] 調査項目
a. 中高年の生きがいを促す「活動的生活スタイル」に関する研究調査
b. 日常的運動が老化過程(エイジング)に与える影響についての研究調査
[4] 調査場所
 東京・名古屋・京都・大阪地域
[5] 調査結果の概要
 高齢化社会における中高年者の生きがいについて各方面で関心がもたれている状況から、生きがいと加令に伴う体への影響について調査を行い(生活意識についての調査、健康に関する調査等)現況の把握と問題点の所在について分析を行った。
[6] 報告書の作成
 各研究班の報告書を編集委員会が取りまとめて、研究紀要「体育科学」として刊行した。(「資料の観光配付」参照)
(2) 運動処方の調査研究
[1] 調査方法
 面接調査および各種機器を用いた測定等を行った。
[2] 調査対象(被験者)
 児童生徒1班40名(男女各20名) 13班520名
[3] 調査項目
a. 児童および生徒の運動処方に関する研究調査
b. 体育授業の生理学的分析とカリキュラム作成に関する研究調査
[4] 調査場所
 東京・名古屋・京都・大阪・福岡地域
[5] 調査結果の概要
 小学生および中学生の全身持久力および局所持久力に関して、各運動種目について種々の角度から調査測定を行った。また、体育授業の内容を運動生理学的立場から測定および分析し、それらのデータに基づいてカリキュラム化についての研究を行った。
[6]報告書の作成
 各研究班の報告書を編集委員会が取りまとめて、研究紀要「体育科学」として刊行した。(「資料の刊行配付」参照)
(3) 調整力の調査研究
[1] 調査方法
 アンケート調査、面接調査および機器を用いた測定等を行った。
[2] 調査対象(被験者)
 1班80名 11班880名
(1班は園児、児童男女各40名、高齢者80名)
[3] 調査項目
a. 幼児および児童の運動生理学的特徴に関する研究調査
b. 幼児および児童の健康法に関する研究調査
c. 高齢者の調整力に関する研究調査
[4] 調査場所
 東京・名古屋・広島地域
[5] 調査結果の概要
 幼児および児童の運動生理学的特徴に関しては、未開拓の分野が多く、成人の調査基準を適用することは問題があるので、幼児および児童を対象に調査研究を行った。また、総合的な健康法に関する研究調査を行い相当のデータがえられた。本年度から高齢者の調整力に関する研究調査を行うこととし、研究計画の策定等を行った。
[6] 報告書の作成
 各研究班の報告書を編集委員会が取りまとめて、研究紀要「体育科学」として刊行した。(「資料の刊行配付」参照)
(4) 講演会の開催
[1] テーマ   健康と体力の向上等
[2] 開催日   平成元年7月1日
[3] 開催場所  国立教育会館
[4] 内容    研究成果の公開発表
[5] 講師人数  2人
[6] 参加人員  約250人
[7] 内容    平成元年7月1日(土)午後2時から約2時間余にわたり、東京虎の門国立教育会館において、第17回公開講演会を開催した。講師は専門委員白山正人(東京大学助教授)および専門委員松井秀治(スポーツ医・科学研究所長)に依頼し、センターの研究成果について、スライドおよび講演概要を配布して講演し、聴衆約300名余に多大の感銘を与え、好評盛会のうちに終了した。
(5) 資料の刊行配付
[1] 資料名  体育科学第17巻
[2] 規格   B5版 約250頁 和欧文
[3] 部数   1,000部
[4] 内容   研究成果の報告
学術紀要として「体育科学」第17巻(ISSN 0289-0038)を印刷刊行して、本センターの研究業績を内外一般に公表し、多大の成果を収めた。
[5] 配布先  体育・スポーツの学術団体、実施団体(350)
大学・研究機関等の体育指導者・研究者(650)
■事業の成果

近時国民の生活水準の向上は、社会環境、生活環境を著しく変ぼうさせ、身体活動の機会と場所をせばめつつあり、一般的にみて、健康と体力に好ましくない影響を与えている。このような現状からみて、健康の保持強化のため体力に関する調査、適正な運動処方および調整力に関連する未知の研究分野を開拓することは緊急を要するところである。そこで全国的な組織と規模において国民の健康と体力に関する諸般の研究調査を実施し、その成果の活用および普及徹底を図ることにより、国民各層の健康と体力の維持向上及びスポーツの振興に資するところ大なるものがあると思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10,322位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
173

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.「国民の体力および運動処方等の調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から