日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「少年の社会参加モデル地区活動」の報告書

 事業名 少年の社会参加モデル地区活動
 団体名 全国防犯協会連合会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 少年社会参加モデル地区活動
 地域等の環境等から特に少年の健全育成が必要な中から、全国を通じて52地区をモデル地区に指定し、2名の地区活動指定推進委員(学識又は経験のある者)を中心に社会参加推進協議会を開催し、その指導と計画のもとに社会参加活動を実施した。
 環境美化等の社会参加活動381回(参加者約90,000人)、各種運動342回(参加者約74,000人)、大会等225回(参加者51,000人)など計1,557回約245,000人がこれに参加した。
(2) 参加記念ワッペン
[1] 題名   参加記念ワッペン
[2] 規格   直径6センチメートル、円形
[3] 数量   45,760個
[4] 内容   伸びる若木(少年)に小鳥を配し、社会参加活動と題す
[5] 配布先  各都道府県防犯協会
(3) 健全育成読本
[1] 題名   みんな明るく健やかに
[2] 規格   A5判 32ぺージ、4色刷
[3] 数量   45,760部
[4] 内容   明るい生活・住みよい社会、安全、遊ぶとき気をつけること、こんなことはやめよう
[5] 配布先  各都道府県防犯協会
(4) 社会奉仕案内ポスター、ちらし等
ポスター  B3,4色刷、20,000枚
ちらし   B5判、4色刷、12万枚
報告書   B5判、50ぺージ、500冊
配布先   各都道府県防犯協会
■事業の成果

少年は、明日の日本国の担い手である。少年の非行防止、健全育成が重要視される所以である。
 少年の健全育成の手法として、社会参加活動の必要性が叫ばれて既に久しい。
 少年社会参加モデル地区活動は、少年の環境等の理由から、非行を防止し健全育成に効果的な地区について、社会参加を通じて、社会のルールをまもり、社会参加の喜びを体験し、あるいは他人を思いやることの大切さを自覚することにより、人間としての成長が期待されるものであることから、おおむね、校区単位にモデル地区を指定し、必要な指導と、資料を配布しモデル的な社会参加活動を展開することにより、地区内の児童の健全育成に資するとともに、その経験の輪を広め、広く少年の健全育成に貢献しているものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14,345位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
100

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.「防犯活動用車両の配備」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から