日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「消防の広報宣伝」の報告書

 事業名 消防の広報宣伝
 団体名 全国消防協会 注目度注目度5


■事業の内容

A 教養研究資料の発行
1) 資料名  ほのお
2) 規格   B5版 24頁 活版印刷 表紙カラー
3) 部数   毎月30,000部×12回=360,000部
4) 内容
[1] 消防技術、火災予防に関する事項
[2] 本会の事務、事業に関する事項
[3] 消防関係法令の解説
[4] 各種災害の概要に関する事項
[5] 消防行政全般に関する事項
5) 配布先  全国の消防本部、政府、報道機関
B 予防広報講習会
1) テーマ
 予防業務並びに消防広報業務に従事する者のうち、指導的立場にある者を対象に開催した。
2) 開催場所  9ケ所
 札幌市、仙台市、川崎市、名古屋市、京都市、大阪市、徳島市、北九州市
3) 開催回数及び日数  各地2日×1回
4) 内容
[1] 地域に根ざした消防広報
[2] 住民、町会に対する防火・防災指導について
[3] 市民に対する上手な話し方
[4] 社会福祉施設の防火対策について
[5] 災害弱者が安心して暮らせる地域をめざして
[6] 一般広報と消防広報について
[7] 防火管理のあり方
[8] 防火管理行政の問題点について
[9] 予防行政とその動向
[10] 建築基準法令の改正動向等について
[11] 危険物規制の現状と対応について
[12] 給油取扱所の業務範囲拡大について
[13] 消防違反処理について
[14] インテリジェントビルの防火対策
[15] ソフト化時代の広報公聴
5) 講師人員  延47名
6) 参加人員  延2,906名
■事業の成果

火災をはじめとする各種災害は、大規模特異化するとともに多発化の傾向を示し、多大の損害と尊い人命を失う事故が激増している状況から、関係行政機関はもとより社会一般においても災害の未然防止、被害の軽減をはかるため、予防・広報活動を促進しているところであるが、未だ十分とは云えない。本事業の実施により消防関係者に対して予防・広報技術の修得がはかられ、国民の防災意識の高揚に大いに成果があったと思料される。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12,431位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
148

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.「消防技術の研究指導」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から