日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「小型船舶用無線設備の整備」の報告書

 事業名 小型船舶用無線設備の整備
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 小型船舶用無線設備の整備
 わが国の海難の大部分は、小型船・漁船・プレジャーボート等のいわゆる小型船舶が占めているが、これらの海難を未然に防止し、或いは被害を最小限にくい止めるとともに効率的な救助を行うため、昭和61年6月1日郵政省の省令改正により400MHz帯の電波が割当てられたのを期に、モーターボート等の小型船舶の活動海域沿岸に海岸局を設置し、海上には海上安全指導員によるハンディ無線局(船舶局)を整備した。
[1] 小型船舶用海岸局の設置
a. 型式    JHP-45S05T
内訳   無線機本体・AC電源(可搬式アダプタ)スタンドマイク・アンテナ(30Mケーブル付)
b. 構造等   周波数範囲       335.4〜470MHz
チャンネル数      2MHz内に6
空中線インピーダンス  50Ω不平衡
入力電源電圧      送信時  約1.3A
受信特  約0.1A
使用温度範囲      -10℃〜+50℃
外形寸法        約幅 220  高 120
奥行 200
重量          約 7kg
送信出力        5W
受信感度        3dB(μv)以内
c. 設置数   23局
d. 設置場所  関東10局、中部2局、関西6局、瀬戸内海5局
[2] 海上安全指導員用(ハンディタイプ)無線局(船舶局)設置
a. 型式    JHP-45S05T
内訳   無線機本体・アンテナ・ケース充電器
b. 構造等   周波数範囲       335.4〜470MHz
チャンネル数      2MHz内に6
空中線インピーダンス  50Ω不平衡
入力電源電圧      送信時 約1.3A
受信時 約0.1A
使用温度範囲      -10℃〜+50℃
外形寸法        約幅 220  高 120
厚 43.5
重量          約 800g(電池合む)
送信出力        5W
受信感度        3dB(μv)以内
c. 設置数   122局
d. 設置場所  関東42局、中部17局、関西22局、瀬戸内海41局
■事業の成果

近年における生活水準の向上、週休2日制の普及、余暇利用に対する意識の高揚等に伴い、ヨット、モーターボート、遊漁船等を利用するレジャーが普及し、これら小型船舶(3トン以下)は現在約70万隻利用され、操縦士免許の普及により、更に増加の傾向をたどっている。これに対する小型船舶の海難防止は、「小型船舶の安全確保」事業を柱として各種の対策を実施してきたが、かねてより小型船舶の通信手段の整備促進が要望されていた。
 昭和61年6月1日郵政省の省令改正により、小型船舶無線用として400メガヘルツ帯の電波が割り当てられることになったのを期に、小型船舶の活動海域沿岸に海岸局を設け、海上安全指導員に船舶局としてハンディタイプの無線機を付与して、緊密な連絡網を整備したことは誠に時期を得た事業であり、小型船舶等の事故の未然防止と安全確保のための有効な措置が可能となることから、万全の体制が確立されるものと期待されるものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
7,221位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
325

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「小型船舶の安全確保」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から