日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「造船協力事業者に対する技術指導」の報告書

 事業名 造船協力事業者に対する技術指導
 団体名 日本造船協力事業者団体連合会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 技能向上指導
[1] 一般技術指導
a. 開催場所  函館ドック 他39会員
b. 実施回数  延40回
c. 講習期間  各回1日
d. 講習内容  造船協力従業員に対し、多能工化教育など現地ニーズに沿った技能習得向上の指導を行った。
e. 受講者   延1,276名  平均約31名/回
(2) 造船協力業の就業制限職種に対する指定教習
 広島労働基準局長指定教習機関として、ガス溶接技能講習、玉掛技能講習、足場組立作業主任者技能講習を広島県下で開催し、資格取得を図った。
[1] ガス溶接技能講習
a. 開催場所  能美地区1回
b. 講習期間  3日
c. 講習内容  (a) 可燃性ガス及び酸素に関する知識
(b) 設備の構造及び取扱いに関する知識
(c) 関係法令
(d) 学科試験
(e) 実技(設備の構造及び溶断溶接)
d. 受講者   31名
[2] 玉掛技能講習
a. 開催場所  能美地区1回
b. 講習期間  3.5日
c. 講習内容  (a) クレーンの知識
(b) 玉掛の方法
(c) 力学の知識
(d) 関係法令
(e) 学科試験
(f) 実技(クレーン等の玉掛、合図)
d. 受講習   21名
[3] 足場組立作業主任者技能講習
a. 開催場所  能美地区1回
b. 講習期間  2日
c. 講習内容  (a) 足場組立解体の知識
(b) 設備機械等の知識
(c) 作業者の教育の知識
(d) 関係法令
(e) 学科試験
d. 受講習   24名
■事業の成果

造船業界においては、今次不況により人員削減による合理化が推進され、設備の自動化等による技術改革が行われており、造船協力業従業員においても、大幅な人員の削減を余儀なくされる一方、多能工化による一層の生産性の向上が要求されているのが現状である。
 本事業では、こうした状況下で新技術の習得に対して適切かつ効果的に指導を行ったものであるが、これにより造船協力業の技術力の向上と多角化に役立つとともに、わが国造船業に寄与するところ大なるものがある。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11,958位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
159

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.「造船協力事業者に対する安全指導」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から