日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「海の記念日広報」の報告書

 事業名 海の記念日広報
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


■事業の内容

A 被表彰者に対する副賞の贈呈・パーティの主催
a 実施日  昭和59年7月20日(金)
b 場所   東京(中央)および地方海事広報協会所在地
c 被表彰数および副賞内容   (個人)   (団体)
海上保安庁長官       39(花びん)
各運輸局長       2,497(水盃)
各管区海上保安本部長   100(水盃)  16(楯)
d 祝賀パーティ出席者数
東京(中央)       約800名
各地方海事広報協会計  約6,000名
B 海の記念日パレード
a 実施日   昭和59年7月20日(金)
b 場所    各地方海事広報協会所在地
c 参加者数  海洋少年団、ボーイスカウト団員等約7,000名
C 全国海の図画・写真コンクール
a テーマ   海に関するもの
b 募集対象  (図画)全国の中学生
(写真)全国の一般アマチュア・カメラマン
c 応募点数  (図画)9,487点
(写真)8,781点
d 審査員   (図画)<地方>各地方の教員、教育委員会委員等
<中央>石川滋彦(洋画家)
(写真)秋山庄太郎、林忠彦、松田二三男(各プロカメラマン)
e 発表    (図画)7〜8月中の約一週間、各地方海事広報協会所在地のデパート等で展覧会を開催
(写真)一般カメラ雑誌「日本フォトコンテスト」「日本カメラ」「ペンタックスファミリー」の他、当協会発行の「ラ・メール」に上位作品を発表
D 「海の記念日ポスター」の作成・配布
a 規格    B全版  4色
b 内容    練習帆船「海王丸」
c 作成部数  20,000枚
d 配布先   全国の海事関係官公庁、団体、会社等
E 「海のものしり手帳」の作成・配布
a 規格    A6判 2色(本文) 32ページ
b 内容    海上保安業務の紹介
c 作成部数  100,000部
d 配布先   全国の小学生から大人まで
F 海事展覧会の開催
a タイトル   こんにちは新日本丸「大帆船展」
b 会場     東京・新宿NSビル1F吹抜プラザ
c 会期     昭和59年7月20日(金)〜8月4日(土) 16日間
d 主な展示物  船首像「藍青」、新「日本丸」のモデル、世界の木製帆船モデル、「日本丸」「海王丸」の航海用具、帆船写真パネル等
e 入場者数   約140,000人
■事業の成果

海の記念日を一般国民に広く周知することは、海事への関心を喚起するうえで極めて有効であり、本事業は、その海の記念日を中心とする各種イベントの実施と海事資料の配布を組み合わせた優れて広報効果の高い事業である。
 海の記念日パレード、海の図画コンクール展、海事展覧会などは必らず該当地域のマスコミにおいて広く紹介され、また、海の記念日ポスター、海のものしり手帳の海事資料も全国的に掲示、もしくは配布したため、極めて多くの国民の目に触れ、海の記念日の周知、海事思想の普及に寄与した。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
9,539位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
181

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「海事思想普及用資料配布」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から