日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「造船協力事業者に対する安全指導」の報告書

 事業名 造船協力事業者に対する安全指導
 団体名 日本造船協力事業者団体連合会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 安全講習会及び安全点検
[1] 開催場所  由良、佐伯、塩釜
[2] 開催期間  各回 講習1日、点検1日
[3] 講習内容  人間工学における災害の要因と対策及び企業経営における安全の意義を指導し、現場の安全点検を行い、災害防止を図った。
[4] 参加者   平均 約37名
(2) 危険予知訓練
[1] 開催場所  石巻、函館、玉野、佐世保、下の江、坂出、大阪、川崎
[2] 開催期間  各回 4時間×2日
[3] 講習内容  危険シートにより、災害要因をあげ、対策及び改善をミーティング方式により行い、トレーナーの養成を行った。
[4] 参加者   平均 約26名
(3) 災害防止資料の作成・配布
[1] ポスターの作成
a. 名称   災害防止対策ポスター
b. 規格   B3版 カラー4色刷
c. 部数   10種類 各1,000部
d. 内容   多発災害事例及びモラルを主に作成、配布し、一層の安全啓蒙を図った。
e. 配布先  会員所属企業等
[2] 保護具解説書作成
a. 名称   保護具解説書
b. 規格   B5版 40頁
c. 部数   1,000部
d. 内容   造船所において使用する保護具の種類、規格、正しい着用、効果等を説明し、職業性疾病予防の資とした。
e. 配布先  会員所属企業等
■事業の成果

現在の造船業界は工事量の減少等厳しい状況にあり、当然造船下請業もこの影響を多分に受けており、生産工程上どうしても欠くことの出来ない分野は下請が担当しているのが現状である。この中でも特に危険度の比較的高い作業、混在作業、工事期間の短期のもの等一歩誤まると重大災害を惹起しかねない場合が多くある。
 しかしながら、従業員をみると経験工の離散による結果、その人員構成は高齢者及び未熟練工が多く、安全教育の再徹底、高齢者、未熟練工に対する安全教育等が急務とされている。こうしたことを踏まえ、本事業において安全確保のための適切な諸教育、指導、資料配布等を実施し、安全成績の向上と意識の高揚を図ったことは造船業における災害防止上欠くことのできないものであり造船業の振興に対する波及的効果は多大なものがある。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12,281位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
151

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.「造船協力事業者に対する企業の合理化対策」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から