日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「小型船舶(長さ24m未満)積量測度に関する資料収集、調査」の報告書

 事業名 小型船舶(長さ24m未満)積量測度に関する資料収集、調査
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


■事業の内容

[1] 新測度基準が小型船舶の設計に及ぼす影響についての調査研究の実施
a. 昭和52年度より同55年度までの4ケ年に亘り調査して得た小型船舶計算及び解析成果をもとに、新測度基準が小型船舶の設計に及ぼす影響についての調査研究を行う。
○ 委員会を中心に実施。
b. 測度方法要領図を作成する。
○ 下記21枚を委員に依頼して作成。
モーターボート 3枚
作業船     3枚
フェリー    5枚
漁船      7枚
ヨット     3枚
[2] 新測度法及び省令に基く測度方法の説明会の開催
a. 測度方法解説書作成
○ 「船舶のトン数の測度に関する法律施行規則」の解説書を作成。
B5判 88頁  8,500部
b. 説明会の開催
○ 下記10ケ所にて、当該地方小船工に委託して開催。
釧路 (11/17出席者157名)
八戸 (11/26 〃 100名)
銚子 (12/ 1 〃  32名)
清水 (12/ 2 〃  91名)
和歌山(12/ 4 〃 104名)
松江 (11/20 〃  60名)
徳山 (11/27 〃  86名)
松山 (12/ 1 〃 192名)
長崎 (12/ 2 〃 131名)
鹿児島(12/10 〃 125名)
〔現地事情により、尾道を徳山、舞鶴を和歌山に変更して開催。〕
■事業の成果

本事業は、船舶のトン数の測度に関する国際条約の批准により小型船舶(24m未満)についてもこの条約に定められた測度基準を採用することとされていることから、この新測度基準が小型船舶の設計に及ぼす影響について調査研究するとともに新測度法基準に対応した測度要領図を作成し、この要領図を基に現地説明会を開催したものであるが、これにより測度基準採用の徹底化に寄与するものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
8,230位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
347

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.「小型船造船業の構造改善促進指導」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から