日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「国際統計情報整備研究」の報告書

 事業名 国際統計情報整備研究
 団体名 全国統計協会連合会 注目度注目度5


■事業の内容

[1] 国内企業及び民間団体等における諸外国の統計情報の需要動向に関するアンケート調査  2,200件
[2] 諸外国統計情報に対する国内需要とその提供体制整備に関する調査研究(諸外国との統計情報交換を含めて検討)
 わが国における外国統計情報資料整備の現状と問題点を把握し、今後の整備の方向をあきらかにするため次の諸点について研究した。
a 企業、団体、研究行政機関等における外国統計利用の実態とニーズ
b わが国における外国統計情報資料提供態勢の現状と問題
c 諸外国における統計資料公刊状況、統計情報交換システムの現状と問題点
d 外国統計情報資料の提供態勢の整備の方向
(海外調査)
a 調査場所(A班)  シカゴ、ニューヨーク、ワシントン、オタワ
〃  (B班)  パリ、ジュネーブ、ハーグ、アジスアベバ
b 調査期間  各班  18日
c 調査人員  各班  1名
d 調査内容
({1}) 統計情報資料公刊状況
({2}) 統計情報資料提供における電算機利用状況
({3}) 外国機関との情報交換システムの状況
[3] 海外統計資料目録の作成
a 作成部数  500部
b 規格    B5判、51頁
c 内容    国名、発行機関、書名、所蔵、機関等
d 配布先   省庁、都道府県、民間団体、研究機関等
■事業の成果

社会経済の発展に伴い、国民一般の統計の重要性に対する関心を喚起し、その理解を深めるとともに広路かつ精細な統計を整備することの必要性が高まってきている。
 よって本事業により、統計調査をめぐる環境の整備及び統計利用の推進に関する調査研究を行ったことは、国及び地方公共団体の実施する統計調査の円滑な実施を図るとともに統計知識及び統計利用の普及並びに統計の改善発達に資するものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13,511位
(32,303成果物中)

成果物アクセス数
92

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年5月30日

関連する他の成果物

1.「統計報告等の負担の軽減に関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から