日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「海難防止の指導」の報告書

 事業名 海難防止の指導
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


■事業の内容

さろま  8,884
まりも  9,312 原田 義彦
新谷 文雄
竹原・波方間自動車
航送船組合
12月26日 竹原〜波方
伊予
698 新谷 文雄
田中 正吾
呉・松山フェリー
1月26日 阿賀〜堀江
おんど丸
470 佐野 修
(代 軍司 吉樹)
山本 章夫
計 16社 16航路  21隻  

内訳  長距離フェリー   5社 5航路  7隻
中距離フェリー   2社 2航路  2隻
短距離フェリー   9社 9航路 12隻
 なお、本年度までに訪船指導を行った累計は下記のとおりである。
長距離フェリー  70航路  94隻
中距離フェリー  43航路  44隻
短距離フェリー  68航路 105隻
計        181航路 243隻
・ 委員会名  カーフェリー訪船指導委員会    2回

■事業の成果

海難発生原因の大部分は、船舶乗組員その他関係者の海難防止に対する知識及び認識の不足によるところが大きいので、本事業では、全国において各種の海難防止講習会を開催し又、直接訪船し相談、指導を行う外、パンフレット等を作成し小型船運航者、オーナー、マリーナ等に配付したもので、これら各種の指導により、船舶乗組員はもとより関係者の海難防止に対する自覚を高め、認識を深めもって海難の防止に寄与するものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
8,854位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
217

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.「海難防止の周知宣伝」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から