日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「関西の輸送需要に適合する鉄道貨物輸送システムの調査研究」の報告書

 事業名 関西の輸送需要に適合する鉄道貨物輸送システムの調査研究
 団体名 関西交通経済研究センター  


■事業の内容

[1] 将来貨物量の予測
地域間貨物流動調査、阪神圏物流調査等の関係資料により、昭和65年度を目標年次として近畿圏発着貨物のうち鉄道輸送貨物量をゾーン(駅勢圏大阪府北部、南部、兵庫県東部、西部、京都府南部、和歌山県北部)別に推計予測を行った。
[2] 鉄道貨物輸送システム策定について
関西のおもな荷主事業所20社及び運送事業者15社に対し、調査票により貨物輸送の実態と国鉄利用に関する意識等のヒアリング調査を実施した。
さらに上記調査結果にもとづき国鉄貨物輸送プランを作成して荷主事業所(30社)に提示し受容可能性のヒアリング調査を行い、ワーキンググループ、小委員会において討議を行い、国鉄貨物輸送システムを策定した。
■事業の成果

近年、国内貨物輸送の分野においては、省エネルギー、道路交通公害の防止等の面から、幹線輸送については鉄道輸送が見直される気運が高まっている。
 そこで、荷主ならびに物流専業者の鉄道輸送の実態と輸送ニーズを適確に把握して、これからの国内貨物輸送市場における主に中小ロット貨物の幹線輸送について他の輸送機関と競争可能性のある国鉄貨物輸送システム試案を提示したものである。
 さきの国鉄における55.10の指針にもあるように、輸送の近代化方策が打ち出され実施の過程にあるとき、この調査が国鉄貨物輸送体制検討のための一石として役立つことが期待される。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11,368位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
126

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「関西新国際空港アクセスに関する調査研究」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から