ロゴ画像

事業情報

成果物検索 団体検索 事業検索 定款・規程検索
事業名
IMO/FAL条約の港湾手続標準化・簡素化に関する調査研究
事業状況 完了
団体名
日本貿易関係手続簡易化協会
団体名(ふりがな)
にほんぼうえきかんけいてつづきかんいかきょうかい
事業実施年度 2004
助成金額(円) \2,800,000
事業費総額 \3,549,401
事業種別 助成事業
事業内容
1.事業内容
 (1)調査の出発点として、まず、FAL条約が規定している手続・書類の簡素化と我が国の現行手続との相違点を明確にした。
 (2)我が国がFAL条約の手続・書類の導入を考える際には、IMOの動向を踏まえて検討を行う必要があるので、簡易化委員会への出席等を通じてそのフォローを行った。
  (3)以上の調査に基づいて、FAL条約の手続・書類の導入に当たり、我が国の状況を考慮するとどのような形態が最も望ましいかという導入方策の策定を行った。また、FAL条約が推進している手続・書類の簡素化を我が国へ導入する意義について、一般並びに貿易業界の理解を深めるため、セミナーの開催等による普及活動を行った。
2.事業の実施方法
   貿易(輸出入者)、海運(邦船、外船)、海貨、金融、情報処理など関係分野の専門家及び学識経験者で構成する特別委員会において、調査・研究を行った。
備考
外部参照用URL
(CANPAN事業成果物
登録用)
https://nippon.zaidan.info/nf_lib/nf_libServlet/nf_lib1050?np=1019&jigyo_id=0000042772
1件
事業実施年度 成果物名
2004
平成16年度 港湾手続標準化・簡素化に関する特別委員会報告書 -IMO/FAL条約の港湾手続標準化・簡素化に関する調査研究−


お問い合わせ  個人情報保護  FAQ


下記時間帯は、システムメンテナンスのため
ご利用できません。ご了承ください。


毎月最終水曜日(祝日の場合は次営業日)
17:00〜18:00

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

Copyright(C)The Nippon Foundation