ロゴ画像

事業情報

成果物検索 団体検索 事業検索 定款・規程検索
事業名
強潮流下の有索遊泳式ロボットの開発研究
事業状況 完了
団体名
日本作業船協会
団体名(ふりがな)
にほんさぎょうせんきょうかい
事業実施年度 1992
助成金額(円) \18,736,000
事業費総額 \18,736,000
事業種別 助成事業
事業内容
本開発研究は、有索遊泳式ロボットの運動制御技術の開発を目指し、平成3年度〜4年度にわたって実施した。
 本年度は、ロボットの形状変更、新形状による水槽実験、制御法の設計及び運動シミュレーションを行い、潮流中及び波浪中における側線保持性能を検討した。
(1) ロボットの形状変更計画
@ 安定性解析
 昨年度の機体形状及び水槽試験結果を用い、線形安定性解析を行った。
A 静水中の運動シミュレーション
 昨年度の機体形状及び水槽試験結果をもとに、静水中のロボットの無索・有索状態における運動シミュレーションを行い、基本的な運動特性を把握した。
B 機体形状の変更
 機体の延長、安定ひれの変更及び舵形状の変更の3案について検討し、舵特性の流体力学的影響の大きい舵形状の変更に絞った。但し、安定ひれは変更しないで、舵面積を30%増大した。
(2) 水槽実験
 舵を変更した新機体を用い、平水中及び波浪中における機体特性を得るために、水槽試験を実施した。平水中試験では、抵抗試験、斜航試験、迎角試験及び舵角変更試験を行い、波浪中試験では、波長及び波向をパラメータとして試験を行った。
(3) 制御法の設計
 制御目標が5自由度で、アクチュエータがスラスタ2基及び4組8枚の舵と制御要素が多いため、従来の船舶やロボットの制御法では対応できないため、新しい制御システムを開発した。
(4) 運動シミュレーション
 水槽試験から得られた流体力係数を用い、潮流中及び波浪中における運動シミュレーションを行い、機体の運動特性を検討した。
(5) 成果のとりまとめ
 上記の研究成果をとりまとめて報告書を作成し、委員ならびに関係機関に配付した。
備考
外部参照用URL
(CANPAN事業成果物
登録用)
https://nippon.zaidan.info/nf_lib/nf_libServlet/nf_lib1050?np=1019&jigyo_id=0000017425
1件
事業実施年度 成果物名
1992
「強潮流下の有索遊泳式ロボットの開発研究」の報告書


お問い合わせ  個人情報保護  FAQ


下記時間帯は、システムメンテナンスのため
ご利用できません。ご了承ください。


毎月最終水曜日(祝日の場合は次営業日)
17:00〜18:00

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

Copyright(C)The Nippon Foundation