ロゴ画像

事業情報

成果物検索 団体検索 事業検索 定款・規程検索
事業名
ポンプ浚渫船の自動化に関する調査研究
事業状況 完了
団体名
日本作業船協会
団体名(ふりがな)
にほんさぎょうせんきょうかい
事業実施年度 1984
助成金額(円) \25,425,000
事業費総額 \25,425,000
事業種別 助成事業
事業内容
(1) 自動凌渫制御システムの概念設計 
@ 自動凌渫制御システムの基本方針の設定 
 昭和58年度に実施した自動化の現状調査、凌渫作業及び運転制御に関する実情調査、システムのイメージ策定などにもとずいて、自動凌渫制御システムの下記基本事項の設定を行った。 
a. システムの機能 
b. 制御、操作の対象となる凌渫機械 
c. サブシステム(ポンプ、カッタ、ウィンチ類)の基本動作 
d. 自動凌渫制御における凌渫船の動作、設定項目等 
e. システムの入出力項目 
A システム・ブロック図の作成 
 上記の基本方針に沿った自動凌渫制御システムの概念を示すものとして、各種検出器、制御用設定項目、CPUからの制御信号、制御対象等の相互関係を明らかにするためのシステム・ブロック図を作成した。 
B 自動運転フローチャートの作成 
 基本方針に沿った自動運転の概念を示すものとして、掘りパターンにしたがった自動運転及び揚土量を最大にするための自動運転のフローチャートを作成した。 
(2) 管内流動土質検出装置の一部改造及び実験 
@ 室内実験用砂利供給装置の製作 
 砂・砂利混入実験を行うため、水平管流実験装置(港湾技術研究所所有)の管路に砂利を投入する装置(容量401)を製作、取り付けた。 
A センサの改造 
 海上における実船実験に対処するため、振動センサの取付方法や防水性を考慮して、センサ部を耐水構造に改造するとともに、ブースタアンプを製作した。 
B 室内実験 
a. 場所   運輸省 港湾技術研究所 
b. 実験装置 水平管流実験装置(100mmφ)、管内流動土質検出装置等 
c. (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
備考
外部参照用URL
(CANPAN事業成果物
登録用)
https://nippon.zaidan.info/nf_lib/nf_libServlet/nf_lib1050?np=1019&jigyo_id=0000017415
1件
事業実施年度 成果物名
1984
「ポンプ浚渫船の自動化に関する調査研究」の報告書


お問い合わせ  個人情報保護  FAQ


下記時間帯は、システムメンテナンスのため
ご利用できません。ご了承ください。


毎月最終水曜日(祝日の場合は次営業日)
17:00〜18:00

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

Copyright(C)The Nippon Foundation