日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

我が国のフーカー潜水漁漁師の就労実態調査と労働災害予防啓発ポスターの配布 (実施中)

団体名 久留米大学
団体名ふりがな くるめだいがく
年度 2022年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,490,000
助成金額: ¥2,790,000
事業内容 1.全国のコンプレッサー送気器を用いた潜水作業現場の視察・聞き取り調査
 ならびに日本潜水協会、潜水士潜水訓練現場訪問
(1)時期:2022年5月〜2023年3月(計16回)
(2)場所:北海道、青森、岩手、宮城、静岡、新潟、愛知、三重、岡山、香川、愛媛、高知、福岡、
佐賀県、長崎、鹿児島、宮崎、沖縄、韓国
(3)対象:50名(フーカー潜水漁作業者および漁業協同組合関係者)
(4)内容:身長体重,既往歴などの基礎情報、潜水漁時の作業人数,1日の作業時間,
作業時の船の係留方法と方角,年間作業日数,作業深度,海底滞在時間,潜水回数,海面休息時間

2.全国のフーカー潜水漁作業船の送気装置調査
(1)時期:2022年5月〜2023年2月(計5回)
(2)場所:北海道、岡山、佐賀、沖縄
(3)対象:水上圧縮空気送気装置付き漁船(フーカー船)10隻
(4)内容:装置の型番などの基礎情報、メンテナンスの状況,これまでの機器の不具合について,
吸気口の位置・高さ・設置の工夫,運転時の排ガス測定(一酸化炭素、二酸化炭素)

3.労働災害予防啓発ポスター、始業開始前安全確認シールと救急対応下敷きの配布
(1)部数:ポスター300部、シール1,000枚、下敷き1,000枚

4.アンケート調査
(1)時期:2022年10〜12月
(2)対象:潜水漁漁師約300名
(3)方法:対象漁協へ郵送、その後リサーチ会社にて統計分析
(4)内容:身長体重,既往歴などの基礎情報、作業年数、潜水漁時の作業人数、作業時期と年間作業日数、
1日の作業時間、作業時の船の係留方法と方角、潜水回数、潜水深度、海底滞在時間、海面休息時間
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。