日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

日系人に対する日本留学の機会の提供 (Scholarship for Nikkei Students to Study in Japan) (実施中)

団体名 海外日系人協会
団体名ふりがな かいがいにっけいじんきょうかい
年度 2021年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥122,860,000
助成金額: ¥122,860,000
事業内容 1.奨学生(第19期生8名)の選考について
(1)対象: 日系人(年齢は原則18〜35歳)
(2)選考: 海外日系人協会及び現地日系人会、日本財団などで構成される選考委員会において、日本の大学院、大学、専門学校への留学(最長5年)から帰国後、居住国・地域社会の発展に貢献や両国の懸け橋として活躍する意志のある者等を基準に応募書類及び面接などの結果を総合的に判断する。
(3)期間:2021年6月 募集開始
    2021年9月 19期生書類選考及び書類選考結果通知
     2021年10月 19期生面接実施及び奨学生決定
    2022年6月 20期生募集開始 

2.奨学金支給(各奨学生につき約300万円/年)
(1)内容:
a.入学金・授業料・学会参加費・教材費(上限12万円/年)
b.生活費(13万円/月)・住居費実費(上限5万円/月)
c.往復航空運賃・共済保険費等
(2)対象人数:37名 (内訳 14期生:2名、15期生:5名、16期生:4名、17期生:10名
18期生:8名、19期生:8名)
(3)期間:
 a. 14〜18期生: 2021年9月〜2022年8月
 b. 19期生:2022年4月〜8月

3.集合研修の実施
(1)内容: 社会貢献活動に資するワークショップの開催など
(2)期間: 秋(11月頃)、冬(1月頃)、春(5月頃)、夏(8月頃)
(3)場所: JICA横浜及び地方都市
(4)対象: 14期生〜19期生37名(原則全員参加)
(5)実施者: 奨学生及び海外日系人協会

4.「日本財団日系留学生会(NFSA)」の運営
(1) 内容:社会貢献活動の実施、ウェブサイトの運営、ブログの発信、他
(2) 実施者: 全奨学生
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。