日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

1人くらしの高齢者と、その支援者をつなぐ”穏やかな見守りシステム”の試験事業 (実施中)

団体名 IT&診断支援センター・北九州
団体名ふりがな あいてぃあんどしんだんしえんせんたー・きたきゅうしゅう
年度 2021年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,900,000
助成金額: ¥7,120,000
事業内容 1.設備類の準備
 ・概念検証に基づくソフト改修 1式/試験事業向け猫型会話ロボットの製造 30台
2.募集用各種資料の準備
 ・簡易カタログ作成 100部/パンフレット改修版作成 100部/クイックマニュアル作成 100部/
  専用ホームページ作成 1式
3.試験事業の実施
 ・時期:2021年4月〜2021年10月(現地展開5月より6ヶ月)
 ・場所:福岡県北部一帯
 ・参加者:1人暮らしの高齢者と、その支援者30組
 ・内容:概念検証(2020.12)では「穏やかなも守り」の違和感の洗い出し行い、試験事業では、ペットとしての違和感と穏やかな見守りとの一体感を見極め市場に出回っている会話ロボットとの違い、特徴を見極める。及び業化プロセスを試験実働させる。
@機能検証 
 ・猫型会話ロボットの見守り、会話、インターネット等のサービスレベル充実感・満足感の測定
 ・1人暮らしの高齢者:生活支援機能56項目に基づく“穏やかな見守り感(改修ソフト)”の測定
 ・1人暮らしの高齢者:会話ロボット基本機能(雑談会話、猫の日常生活、電話、メール等)に基づく“納得感のある操作性や印象”の測定
 ・支援者:知り得た情報で1人暮らしの高齢者の普段の生活レベルか、否かの認識が可能か?
 ・専用HPの操作性、プレゼン性等の感触による改善項目を得る。
A事業化プロセス 
 ・カタログ、パンフレット、クイックマニュアルの使用感(改善点等の把握)
 ・専用HPの使用感(改善点等の把握)
 ・事業体制(Itsindan社−各社、新規伴走者)のスキームの改善点等の把握
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。