日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

1人くらしの高齢者と、その支援者をつなぐ”穏やかな見守りシステム”の試験事業

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:14,950位 (20,844事業中)
成果物アクセス数:22
更新日 : 2022年10月1日

注目度とは?

団体名 IT&診断支援センター・北九州
団体名ふりがな あいてぃあんどしんだんしえんせんたー・きたきゅうしゅう
年度 2021年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,339,000
助成金額: ¥6,671,000
事業内容 1.設備類の準備
 ・概念検証に基づくソフト改修 1式/試験事業向け猫型会話ロボットの製造 30台(内訳:5台は実証実験向け、25台は製品販売向け)

2.募集用各種資料の準備
 ・パンフレット(チラシ編)作成 200部/取扱説明書作成 100部/簡単操作マニュアル作成 100部/専用ホームページ作成 1式

3.試験事業の実施
(1)実証実験の実施
 ・時期:2021年12月7日〜2021年12月23日(当初計画では6月頃を見込む)
 ・参加者:北九州市内3名、宗像市1名、遠賀町1名
 ・内容:機能検証として以下4点のヒアリング及び記録
  @猫型会話ロボットの見守り、雑談会話等のサービスレベル充実感・満足感の測定
  A生活支援機能に基づく“穏やかな見守り感”の測定
  B雑談会話、猫の日常生活等に基づく“納得感のある操作性や印象”の測定
  C知り得た情報で一人暮らしの高齢者の普段の生活レベルか、否かの認識具合
(2)試験事業の実施
  未完了(当初見込み12月頃開始)
「コロナ禍での実証実験の環境確保が難しく、試験事業に繋がる広報的な準備が大幅に遅れた」
成果物 2021年度 穏やかな見守りシステムの試験事業報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。