日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

博多湾のお困りごとを解決!アオサ実用化プロジェクト(海と日本2020)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,668位 (20,944事業中)
成果物アクセス数:152
更新日 : 2023年2月4日

注目度とは?

団体名 ふくおかFUN
団体名ふりがな ふくおかふぁん
年度 2020年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,664,522
助成金額: ¥2,900,000
事業内容 1.アオサの回収及び水中環境の調査・撮影
(1)時期:2020年4月〜2021年3月(計12回)
(2)場所:博多湾及びその近海
(3)参加者:3〜4名(潜水士)
(4)内容:閉鎖度の高い海の沿岸域においてアオサの一部回収及びその周辺の海洋環境の調査・撮影、アオサ増殖に関する現状把握や環境比較の情報を蓄積した。

2.アオサ改良に向けた試行・検証
(1)時期:2020年5月〜2021年3月(計5回)
(2)場所:当団体事務所、西部3Rステーション、まもるーむ福岡
(3)参加者:団体スタッフ及びボランティア
(4)内容:市民や有識者、学校関係者、飲食店等から、活用法についてのアイディアを募集し、回収したアオサの改良試行及び検証を独自に行った。(和紙、食品、肥料、着火剤、美容パック)

3.アオサ改良実験イベントの実施
(1)時期:2020年7月〜2021年3月(計4回)
(2)場所:西部3Rステーション
(3)参加者:延べ39名(1回あたり約10名)
(4)内容:環境や食品ロス、3Rなどについて学ぶ公共施設において子供や一般市民向けの実験イベントを実施。アオサをはじめとする海の問題やお困りごとを伝え、考え、課題解決に向けて主体的に取り組めるプログラムとなった。

4.「海の学校」の開催
(1)時期:2020年5月〜2021年3月(計10回)
(2)場所:福岡県内の教育機関、環境イベント等
(3)参加者:小・中・高校生、一般市民
(4)内容:福岡の海のリアルな写真や映像、情報を活用し、アオサや海ごみ問題の現状や今後の課題、展望について伝え、参加者とともに考えた。
成果物 2020年度 活動広報誌・事業報告書
2020年度 事業PRチラシ(企業向け)
2020年度 イベント募集チラシ
2020年度 アオサを活用した作製した製品(試作品)
2020年度 福岡の海の水中映像
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。