日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋性レクリエーション指導員の養成と活用

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:16,642位 (20,699事業中)
成果物アクセス数:14
更新日 : 2022年8月6日

注目度とは?

団体名 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
団体名ふりがな ぶるーしーあんどぐりーんらんどざいだん
年度 2020年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥27,772,141
助成金額: ¥27,772,000
事業内容 1.海洋性レクリエーション指導員の養成
(1)時期:2020年9月5日~9月29日(25日間)
(2)場所:沖縄県本部町B&G海洋センター(マリンピアザオ キナワ)
(3)参加者:15名
(4)内容:財団事業概要、海洋性レクリエーション・水泳の 理論・実技、施設の安全管理、指導実習、救急救命法、 障害者への指導法、各種オンライン講義
2.全国指導者会の活動促進
(1)ブロック別指導員研修会への支援 1ヵ所
(2)各種会議の開催
ア.正副会長会議 2回開催
1回目:2020年12月2日、2回目:2021年3月23日
イ.ブロック責任者会議 1回開催
2020年12月3〜4日
ウ.Facebookページ「B&G指導員」を通じて、養成研修、各種会議の模様、リーダー研修やお助け指導員の活動状況等を、年間70件発信した。
(3)会長賞の選定と表彰
2019年度 会長賞を決定した10ヵ所の指導者会に対して、表彰状を授与した。
3.地域指導者会と連携した学生ボランティアの養成
(1)開催個所数:海洋センター・クラブ22カ所
(2)参加者数 :学生117人 一般44人 合計161人
(3)研修会後の「学生ボランティア実践活動」
参加人数:のべ305人(学生一人当たり2.6回の参加)
(4)研修会後の「学生ボランティア実践活動
イベント・教室数:64事業
4. 水泳実技を伴わなくても実施できる水辺安全教育教材の制作と普及
@水泳実技を伴わない小学校向け「水辺の安全教育」
ICT教材の開発
A学校教育等への導入と普及
全国の教育委員会に案内を行い、小学校502校の学校授業等で利用された。
B実施調査、および児童・教員の意識調査
児童459人、教員22人からアンケート調査を行った。
成果物 2020年度 海洋性レクリエーション指導員の養成と活用 水辺の安全学習アプリ成果物
2020年度 海洋性レクリエーション指導員の養成と活用 報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。