日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

品質管理の高度化のためのシステム構築 (実施中)

団体名 日本船舶品質管理協会
団体名ふりがな にほんせんぱくひんしつかんりきょうかい
年度 2020年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥12,200,000
助成金額: ¥9,760,000
事業内容 船用品の認定事業場でのIoT、AI等を活用した高度品質管理システムの構築を図るため、以下の事業を実施する。

調査研究の成果に基づき、会員が自由にアクセスできる「部品・部材の不適合予測・不適合検出システム」を海上技術研究所と共同でWEB上に構築する。そのために、本事業で実施する具体的な作業内容は以下のとおりである。
1.システム仕様の決定及び請負契約の締結
事業目標の1のツールについては、調査研究の中でPC上に構築したツールをWEB上に構築し、誰でも当該ツールにアクセスできるシステムを2019年度中に開発することとしている。本事業では、この構築技術を踏まえて、事業目標の2及び3のツールをWEB上に構築するための仕様を決定する。また、同仕様に基づき、海上技術研究所との間で請負契約を締結する。
2.システムの最終検証及びブラッシュアップ
WEB上に構築された事業目標の1及び3のツールに、新しいサンプルデータを入力し、不適合検出能力の最終検証を行うとともに、必要に応じてツールのブラッシュアップを行う。
成果物  
備考