日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

交通運輸・観光分野における持続的発展にむけた調査研究基金の設置 (実施中)

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥500,000,000
助成金額: ¥500,000,000
事業内容 1.海運・航空分野におけるCO2排出削減方策に関する調査研究
@海運にあっては2050年における排出削減目標の達成に向けて、航空にあっては2050年を見据えた排出削減枠組の合意形成に向けて、ロードマップ構築に着手する。
A航空分野においては、2020年9月に我が国で開催される国際民間航空機関(ICAO)環境会合に向けて緊急に対処方針を取りまとめる。(2,500万円)
2.持続可能性確保の観点からの海事観光政策の検証に関する調査研究:
新型コロナウイルスにより大きな影響を受けているクルーズ船などの海事観光業を中心に、我が国観光政策を見直し、観光の地域振興への活用を試みる自治体・地域の持続可能な管理・経営を確保する観点を持って、海事観光政策の軌道修正に関し提言を行う。例えば、世界が注目する瀬戸内海直島における生活航路の高度活用、観光資源としての自動運航船、離島における観光移動型電気自動車の推進など四方を海に囲まれた海洋国家の視点からも検討を行うほか、観光地域経済調査(地域における観光によってもたらされる資金の流れを把握する調査)の再興についての検討も行う。(2,500万円)
3.新しいモビリティーサービスの実装に関する調査研究:
海上タクシーを活用した島アート巡り、フェリー定額制導入、離島航路における自動運航船の導入等を通じて、「移動難民」「交通弱者」対策としての日本版MaaSなどの新しいモビリティーサービスの実証実験段階を超えた実サービスとして定着させる方策について研究する。(2,500万円)
成果物  
備考