日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

新興国大都市圏の交通改善に関する知の拠点づくり

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:18,031位 (19,624事業中)
成果物アクセス数:1
更新日 : 2020年5月30日

注目度とは?

団体名 運輸総合研究所
団体名ふりがな うんゆそうごうけんきゅうしょ
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥20,000,000
助成金額: ¥20,000,000
事業内容 新興国大都市圏の公共交通政策の計画・運用に関する人材育成のため、以下の事業を実施した。

1.政府系研究機関等による事例研究ワークショップ 
(1)時期:2020年1月
(2)場所:タイ
(3)対象:都市鉄道を対象とする事例研究(4)内容:公共交通PPPプロジェクトに関する事例報告、意見交換
(4)内容:当研究所の他事業(「日・アセアン・インド交通・交流自由圏」の構築)と連携して、「鉄道整備と沿線開発」をテーマとして、その成果を2020年1月14日にタイ・バンコクにおいて国際セミナーを開催して発表した。

2.データ活用研修
(1)時期:2020年1月
(2)場所:タイ
(3)対象:日常的な通勤・通学・私事交通
(4)内容:主としてモバイル・ビッグデータをはじめとした多様なデータを活用することにより、これまで検討することができなかった交通問題の新しい解決方法について提案する国際セミナーをタイにおいて開催して発表した。

3.公共交通利用促進に向けたリバース・イノベーション技術の調査
(1)時期:2020年6月〜9月実施
(2)場所:ASEAN各国及び日本
(3)対象:日常的な通勤・通学・私事交通
(4)内容: 公共交通利用の促進への貢献が期待され、新興国の実情に合わせて生み出された技術に関する調査

4.データ活用官民連携協議
(1)時期:2020年2月
(2)場所:タイ
(3)対象:モバイル・ビッグデータ
(4)内容:タイにおけるタイ運輸省、デジタル社会経済省、AIS、TRUE、D-TAC、日本の国土交通省及び運輸総合研究所で、タイでのモバイル・ビッグデータ活用に向けた官民の合同協議会を開催した。
成果物 2019年度 新興国大都市圏の交通改善に関する知の拠点づくり
備考