日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

筋ジストロフィー患者・家族の自立支援・在宅支援 (実施中)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:10,290位 (19,308事業中)
成果物アクセス数:31
更新日 : 2019年11月30日

注目度とは?

団体名 日本筋ジストロフィー協会
団体名ふりがな にほんきんじすとろふぃーきょうかい
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,210,000
助成金額: ¥3,360,000
事業内容 1. 自立支援 訓練指導
(1)時期:2019年5月〜2020年2月(計:109回)
(2)場所:全国(訓練センター、国立病院機構の病院、公共施設等)
(3)参加者:筋ジストロフィー患者、家族(3〜10人/回、総計延べ約600人)、指導員、ボランティア等
(4)内容:各支部の会員の病状や希望に合わせ、また皆が無理なく楽しめる事に配慮し、患者に対しては手芸、料理、音楽、パソコンなどの訓練内容を、また家族対しては患者をケアする際に役に立つ技術指導内容を決定。各支部長が講師・指導員を選出・依頼し、その他ボランティア等の運営協力を得て実施する。
2. 在宅支援 訪問調査
(1)時期:2019年5月〜2020年2月(計:21ヵ所)(2)場所:全国の患者宅
(3)参加者:筋ジストロフィー患者およびその家族
(4)内容:各支部長が専門調査員・調査員を選出・依頼。患者宅に訪問し、病気の状態・生活状態・サービス利用状況などの調査および、在宅で療養するにあたっての問題・課題・要望等があれば聴き取りを行う。状況に応じ相談・指導を行う。
3. 在宅支援 療育研修会
(1)時期:2019年5月〜2020年2月(計:7回)
(2)場所:全国(国立病院機構の病院・訓練センター・公共施設など)
(3)参加者:筋ジストロフィー患者・その家族、筋ジストロフィーに関わる方
(4)内容:実施地区の責任者が、その地区の患者・家族、その他関係者が必要としている情報等を調査し、その専門家に講師を依頼し、講演・研究会を実施する。
成果物 令和元年度 北海道支部療育研修会実施報告書
令和元年度 京都支部訓練指導実施報告書
令和元年度 宮城支部療育研修会実施報告書
令和元年度 愛知支部 訓練指導実施報告書
令和元年度 静岡支部 訓練指導実施報告書
令和元年度 島根支部療育研修会 実施報告書
令和元年度 埼玉支部 訓練指導実施報告書
令和元年度 島根支部 訓練指導実施報告書
令和元年度 北海道支部 訓練指導実施報告書
備考