日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

第五期 脳脊髄液減少症データベース普及と小児患者への啓発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,031位 (19,760事業中)
成果物アクセス数:499
更新日 : 2020年11月28日

注目度とは?

団体名 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
団体名ふりがな のうせきずいえきげんしょうしょうかんじゃかぞくしえんきょうかい
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥1,768,116
助成金額: ¥1,400,000
事業内容 1.脳脊髄液減少症シンポジウム
(1)時 期:通年(計4回)
(2)場 所:議員会館2回(東京都千代田区)、金沢市保健所(石川県金沢市)、神戸臨床情報研究センター(兵庫県神戸市)
(3)参加者:合計約420名(一般、医師、行政関係者、弁護士、患者、国会議員(超党派))
2.官民、半官民(認定/財団)連携、データベース普及活動及び医療難民啓発活動
(1)時 期:通年
(2)場 所:20府県県庁と調整し、12県で連携確立(高知県、香川県、茨城県、鳥取県、愛媛県、福岡県、大分県、佐賀県、栃木県、石川県、沖縄県、鹿児島県)
(3)参加者:各府県教育長
(4)内 容:PDF版配布(現物配布 計18,360部)
3.データベース拡大及び発信事業
(1)時 期:通年
(2)場 所:各事務所
(3)内 容:英文、中文で訳した脳脊髄液減少症データベースページを発信
   一年を通じ データベースからくる相談業務
   登録内容を医師に転送し診察
   随時ホームページを新しいものにしてアクセスを増加
4.シンポジウム準備会議
(1)時 期:通年
(2)場 所:議員会館
(3)参加者:厚労省、国土交通省、文部科学省
(4)内 容:脳脊髄液減少症ページの充実等
成果物 2019年度 日中脳脊髄液減少症平和記念シンポジウム 事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー鳥取県公式ページに記載  事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー高知県公式ページに記載  事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー香川県公式ページに記載  事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー茨城県公式ページに記載  事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー愛媛県公式ページに記載  事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー沖縄県公式ページに記載  事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー福岡県公式ページに記載  事業報告書
2019年度 脳脊髄液減少症シンポジウム金沢 事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー栃木県公式ページに記載  事業報告書
2019年度 佐賀県議会脳脊髄液減少症について議会答弁 事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー栃木県公式ページに記載 事業報告書
2019年度 ラジエーションハウス 事業報告書
2019年度 福岡県議会脳脊髄液減少症について議会答弁 事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー石川県公式ページに記載  事業報告書
2019年度 会報30号配布事業 事業報告書
2019年度 シンポジウム文部科学省後援 事業報告書
2019年度 脳脊髄液減少症シンポジウム金沢実施報告 事業報告書
2019年度 会報32号完成事業パンフレット等 事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー大分県公式ページに記載 事業報告書
2019年度 日本財団ロゴ入りバナー鹿児島県公式ページに記載 事業報告書
2019年度 脳脊髄液減少症シンポジウム神戸 事業報告書
2019年度 赤羽国土交通相との面談 事業報告書
2019年度 赤羽国土交通大臣 参議院国土交通委員会で答弁 事業報告書
2019年度 山形大学医学部にて記者会見 事業報告書
2019年度 脳脊髄液減少症シンポジウム議員会館 事業報告書
2019年度 脳脊髄液減少症診断指針完成事業 事業報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。