日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:11,319位 (19,697事業中)
成果物アクセス数:24
更新日 : 2020年8月1日

注目度とは?

団体名 日本太鼓財団
団体名ふりがな にっぽんたいこざいだん
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥126,330,000
助成金額: ¥126,330,000
事業内容 1.日本太鼓技術普及・認定制度事業の実施
日本太鼓の指導者の育成と技術の向上を図るため、全国講習会を年3回、支部講習会を7回実施した。伴わせて、学校教職員を対象とした太鼓研修会を随時実施した。

2.日本太鼓大会の開催
(1)天皇陛下御即位記念
第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会「太鼓の祭典」の実施
※台風19号接近の予報を受け中止

3.海外への日本太鼓普及のための活動
(1)日系研修員受入事業の実施
独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する中南米地域の日系人社会における人材育成への支援の一つとして、条件を満たした4名の研修員がブラジルより、当財団が実施する講習会及び研修に参加した。
(2)ワールド太鼓カンファレンス準備事業の実施
ワールド太鼓カンファレンス(2020年度開催予定)実施に向けて、北米太鼓カンファレンスを視察した。

4.日本太鼓貸与事業
日本太鼓を保持しない太鼓愛好者に対して希望により貸与を実施した。

5.広報・協力事業の実施
各種マスメディアの活用や機関誌の発行並びにホームページ等により、日本太鼓に関する活動を紹介するなど、周知啓蒙を図った。

6.後援事業の実施
支部並びに関係団体が日本太鼓の普及、復興を図るために実施する事業に対して後援を行った。

7.諸会議の開催
当財団の諸事業を円滑に実施するため、役員会及び委員会を開催し、日本太鼓会の方向性や事業内容・予算決算について審議を行った。

8.事務局運営
事務局を東京都虎ノ門1丁目11番2号日本財団第二ビル6階に置き、2019年度末役員数は、常勤役員2名、職員6名の計8名である。
成果物 2019年10月13日(日)天皇陛下御即位記念 第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会 「太鼓の祭典」
2019年度日本太鼓全国講習会
2019年度会報(86-89号)
備考