日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

沖縄県うるま市における第三の居場所(A)の運営

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:14,124位 (20,269事業中)
成果物アクセス数:20
更新日 : 2021年10月23日

注目度とは?

団体名 りあん
団体名ふりがな りあん
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥21,990,000
助成金額: ¥21,990,000
事業内容 1. 対象児童のアウトリーチ
第三の居場所として、生活困窮世帯やひとり親家庭の子ども達を居場所につないだ。2019年8月までに15名を目標としていたが、2020年3月末現在、10名である。

2. 家庭の支援
家庭訪問や面接を通して、家庭と行政・学校と連携した支援を行った。定期的な面接以外に保護者からの要望でも面接を行い、日報に記録を取って職員で内容を把握しながら児童への対応をおこなった。

3. 地域交流会 年3回
チャレンジ館祭りや秋祭り、にこキッズフェスタなど、子ども達を地域で支えあえる関係性をつくるための交流会を行った。それぞれダンスを披露したり自家製ピザ窯で作ったピザや冷たい飲み物を提供したり、来場者2,000人を超えるお祭りの舞台でダンスを披露したり、子ども達と地域のかたが楽しめる機会を提供した。

4. 子どもの体験活動 年5回
野菜の植え付け体験や、沖縄の行事食作りなど、自然体験活動や科学に関心を持ってもらうための体験活動を行った。

5. 仲間とのふれあい 12回
鯉のぼりを作ったりコンサートに出演したり、毎月、公園やイベント等に子ども達全員で参加し、遊びを通した仲間つくりを大切にした。
成果物 2019年度事業報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。