日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海上安全に関する国際情報収集活動

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 2018年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥280,026,940
助成金額: ¥261,030,000
事業内容 1.マラッカ・シンガポール海峡の航行安全・環境保全対策
(1)時期:通年
(2)場所:マレーシア、インドネシア、シンガポール等
(3)内容:「協力メカニズム」関連会合等における情報収集や関係国機関、団体等との意見交換を実施して、沿岸国、海運団体、利用者による協調した対策がとられるよう議論の活発化を図った。
2.IMO等における海洋政策に関する情報収集・対応
(1)時期:通年
(2)場所:ロンドン、欧州各地域
(3)内容:IMO等の国際会議に出席し、政府代表団支援及び情報収集を行うほか、欧州で開催される海洋関連の国際会議に出席して情報収集を行う。また、欧州を中心とした各国行政機関等を訪問する等により、海洋に関する施策及び運用の実態等の調査を行うとともに、関係強化を図った。さらに、最新の人材育成方法や官民学の研究連合の実態についてコンサル等も用いて積極的な調査研究を行った。
3.ミクロネシア3国における海上保安体制強化支援
(1)時期:通年
(2)場所:パラオ、ミクロネシア、マーシャル
(3)内容:現在までのプロジェクトをフォローアップするとともに、締結した協定に基づき、関連装備の改善、海上法執行機関への人材育成支援等の具体的内容について議論を進め、順次実施した。特にパラオについては、パラオ大統領が推進する政策の動向を注視・適切に情報収集しつつ、新たに供与した巡視船艇等の運用及びこれに伴う人材育成支援の具体的内容について、新たに配置するアドバイザーを最大限活用して現地政府及び関係者と調整のうえ的確に推進した。
成果物  
備考