日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海と日本プロジェクトin三重県(海と日本2018)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:14,574位 (20,910事業中)
成果物アクセス数:25
更新日 : 2022年12月3日

注目度とは?

団体名 海と日本プロジェクトin三重県実行委員会
団体名ふりがな うみとにっぽんぷろじぇくといんみえけんじっこういいんかい
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,970,000
助成金額: ¥16,970,000
事業内容 三重県で海に関する様々な取り組みを可視化し、多様なキーパーソンと連携しながらプロジェクトのムーブメント化を図るため、以下の事業を実施した。

1.みえのうみ通信社の実施
(1)時期:2018年7月16日〜10月7日
(2)場所:三重県鳥羽市、志摩市、南伊勢町、津市
(3)参加者:24 名(小学生4〜6年生 24名)
(4)内容:三重の漁業の歴史や伊勢志摩サミットが開催された伊勢志摩の海の魅力をこども達が記者となって実際に体験し、記事にするとともに、身近な海である伊勢湾が抱える海岸漂着物の問題を鳥羽湾に浮かぶ答志島へ行き体験し、答志島に住む人たちと交流しながら実態について考えた。

2.コラボイベントの展開
(1)時期:2018年6月〜11月
(2)場所:三重県内各地
(3)内容:全国展開を行う事業と連動し三重県内で実施

3.海応援動画の制作
(1)時期:2018年6月6日〜11月6日
(2)場所:三重県内全域
(3)本数:22本
(4)内容:県内各地の海に纏わることなどを取材

4.海活インタビューの制作
(1)時期:2018年7月〜10月
(2)場所:三重県四日市市、鈴鹿市、紀北町他
(3)内容:県内3名の海の安全に関するキーパーソンを取材し動画を3本制作

5.ニュースサイトの運営
(1)時期:2018年5月〜12月
(2)内容:三重県の海に関する話題などをWEB記事で95本配信
成果物 2017年度「海と日本プロジェクトin三重県(海と日本2018)」成果報告
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。