日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

熊本地震の復興支援に関する金融支援制度の実施(第1期)(熊本県・住宅再建支援)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:16,064位 (20,601事業中)
成果物アクセス数:16
更新日 : 2022年6月25日

注目度とは?

団体名 熊本県建築住宅センター
団体名ふりがな くまもとけんけんちくじゅうたくせんたー
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥488,000,000
助成金額: ¥488,000,000
事業内容 2016年4月に発生した熊本地震において、被災して住まいを失ったもしくはそのままでは住むことができない被災者による住宅の早期再建を支援するため以下の支援制度(わがまち基金)を構築し、実施した。

1. 被災住宅再建資金助成事業
被災者が、住宅の再建・購入等に必要となる資金の借り入れをする際の負担を軽減する支援制度
なお、本事業は、平成28年度(第1次)募集から平成30年度(第3次)募集まで3か年にわたって実施しており、第1期事業の大半は平成28年度実施の第1次募集の費用であるが、平成29年度実施の第2次募集についても費用を支出した。
(1)対象者:被災者(熊本県内の罹災証明書(半壊以上)受領者)
(2)対象資金:住居の建設・購入資金(熊本県)
(3)内容:利息の無利子化(利子補給上限100万円)
(4)助成戸数:228戸(第1次募集198戸、第2次募集30戸)

2.仮設住宅団地におけるコミュニティスペースの建設
(1)入居住民が集い、情報交換や交流等を行うためのスペース「みんなの家」づくりの実施
 a.対象
  @20戸未満の小規模仮設住宅団地(40団地)
   うち11団地から要望があり、11棟建設。
  A公民館として整備する「みんなの家」
6棟整備。
 b.主な仕様:談話室等を備えた施設
※ その他、「みんなの東屋」1棟を整備。
(2)コミュニティ構築のための活動
  ・ベンチや花壇の設置などの住環境整備
  ・催しものの企画・実施
  ・プッシュ型みんなの家のワークショップ開催
  ・公民館型みんなの家のワークショップ開催
成果物 2016年度 熊本地震の復興支援に関する金融支援制度の実施(第1期)(熊本県・住宅再建支援)
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。