日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

シーバードプロジェクトの推進(プロジェクトマネジメント)

団体名 パーソナルウォータークラフト安全協会
団体名ふりがな ぱーそなるうぉーたーくらふとあんぜんきょうかい
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,794,710
助成金額: ¥9,435,000
事業内容 水上バイクを活用して海の利用の幅を広げるシーバードプロジェクトの参加団体をとりまとめ、全国展開を図るため、以下の取り組みを実施した。

1.事務局運営
(1)シーバード幹事団体会議運営(準備会議、議案会議、日本財団との方針等打ち合わせ)
(2)シーバード要望団体の承認業務(現地訪問調査、幹事団体の承認事務取りまとめ)
(3)シーバード活動全般の検証及び見直し、供与機材の仕様、覚書見直し
(4)シーバードプロジェクト活動紹介のための、関係官庁、関係団体への説明及び「2017ジャパンインターナショナルボートショー横浜」のPWSAブースにて印刷物、フラッグを掲出して告知(2017年3月2日〜3月5日)
(5)シーバード仕様水上オートバイ艤装の手配、進行管理、乗務員装備品作成、配送
(6)シーバード登録料請求、収受事務
(7)メディア、雑誌等マスコミ対応(ローカル拠点式典への取材誘致など)
(8)インターネット「シーバード公式サイト」へのアップデート

2.ローカルグループ活動支援
(1)ローカルグループ(配備先)の発足式、贈呈式、関係する救助訓練、安全講習会、その他イベント報告取りまとめ、及び各拠点活動、パトロール等取材
(2)ローカルグループとの連絡事務、諸相談
(3)2台目の資機材配備事業(申請受付、日本財団および幹事団体承認調整・連絡)
(4)シーバードホームページ公式サイトを通じて各ローカルグループ活動報告の掲載告知
(5)配備資機材覚書の取り交わし
成果物  
備考