日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

造船所における作業効率向上化を目的としたパワーアシストサポーターの実証実験及び指針の策定

団体名 東京大学
団体名ふりがな とうきょうだいがく
年度 2014年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥11,918,477
助成金額: ¥11,910,000
事業内容 姿勢維持や肉体的負荷を軽減する装具としてのパワーアシストスーツは電動型と非電動型に分類されるが、電動型よりも安価で、安全性が高く、最も早く普及するものと考えられる非電動型のパワーアシストスーツを調査・研究対象とし、産官学からなる委員会を設置し、パワーアシストスーツの造船現場への適用に向けた課題(安全性、有効性、規則・制度との関連等)を調査・研究するため、以下の作業を行った。

1.パワーアシストスーツの適用可能作業工程の実証的検討
 造船所での試行により適用可能作業工程の決定
2.労働安全性の検証
 適用可能な各作業工程や想定ケース等において、発生する可能性のあるアク シデントを想定するなどし、試用状況観察や場合によっては実験等を通し
 て、パワーアシストスーツの労働安全性の評価
3.労働負荷低減の評価
 適用可能な各作業工程において、パワーアシストスーツの適用による労働負 荷低減の評価
4.パワーアシストスーツの試用に関する手引きの作成

5.デモンストレーションによる造船現場の魅力向上
 実際にパワーアシストスーツを装着して、建造作業を実演することで、造船 所における導入促進に向けた公衆認知の浸透を図るとともに、「成熟産業」 のイメージの強い造船産業に「ハイテク」イメージの付加を図った。
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。