日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶建造高品質化・効率化技術の調査研究(工程管理システムの調査研究)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:11,004位 (20,483事業中)
成果物アクセス数:49
更新日 : 2022年5月21日

注目度とは?

団体名 東京大学
団体名ふりがな とうきょうだいがく
年度 2013年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥20,416,979
助成金額: ¥19,940,000
事業内容 造船工場に適用可能な無線LANネットワークを検討し、カメラによる現場撮影や作業員の位置計測等が可能になるモニタリング・システムのベースを構築し、下記の研究を実施した。
1. 船舶建造モニタリング技術の研究
(1)新デバイスによるモニタリング・システムの高度化
(2)モニタリング・データの処理方法の確立
(3)モニタリングによる生産性向上の可能性のケーススタディ
@ モニタリング・ブラウザの構築(造船所の定盤計画・管理システムへの応用)
A モニタリング・データと生産シミュレーションの連携運用
(4)建造モニタリングやレーザ溶接等による建造マネジメント高度化の技術課題調査

2. 研究体制
(一財)日本船舶技術研究協会を事務局とする調査研究委員会を組織し、下記の体制において、5回の委員会を実施した。

国立大学法人東京大学、国立大学法人九州大学、(独)海上技術安全研究所、ジャパンマリンユナイテッド株式会社、株式会社名村造船所、住友重機械マリンエンジニアリング株式会社、三井造船株式会社、国土交通省海事局船舶産業課、(一社)日本造船工業会、(一財)日本船舶技術研究協会
成果物 船舶建造高品質化・効率化技術の調査研究(工程管理システムの調査研究)2013年度成果概要報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。