日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海上保安協力員の活動推進

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,062位 (19,198事業中)
成果物アクセス数:105
更新日 : 2019年6月8日

注目度とは?

団体名 海上保安協会
団体名ふりがな かいじょうほあんきょうかい
年度 2011年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥13,255,863
助成金額: ¥10,604,000
事業内容 1.海上保安協力員の配置
全国108箇所の支部に966名の海上保安協力員を配置し、海上保安部署の指導・助言のもと、海洋汚染発見時の通報活動、海浜・海底清掃、防犯パトロール、海洋環境教室の開催、漁協・マリーナ等へのポスターの掲示、各種イベントにおけるパンフレット、リーフレットの配布等により、海事・漁業関係者を含む一般市民に対する海洋環境保全・海上防犯等について周知・啓発活動を実施した。

2.海上保安協力員連絡会議の開催
海上保安部署の指導・助言のもと、全国の協会支部単位(全国で62地区)で開催し、各会場保安協会支部職員のほか、400名の海上保安協力員、408名の海上保安部署職員(管区海上保安本部職員を含む)の参加を得て、海上保安協力員制度概要、各支部の海洋環境保全・海上防犯等の現況の説明、情報提供についての依頼、海上保安協力員の活動推進に係る意見交換等を実施した。

3.周知啓発のためのポスター等作成・配布

4.指定事業
海上保安協力員その他のボランティアによる海上保安業務に雄駅な取り組みについて、全国から募集し重点的に経費を配分して行う指定事業としてスタートし、本年度は3年目となった。本年度は全国から11件の応募があり、応募箇所の事業内容を比較検討の結果、関東地方本部横浜支部における事業「小笠原クリーンアップ・不法投棄防止キャンペーン」を指定し、2012年3月に地域住民等75名の参加を得て実施した。
成果物 2011年度海上保安協力員連絡会議報告
備考