日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

「海の名人の聞き書き」を通した人材育成

団体名 共存の森ネットワーク
団体名ふりがな きょうぞんのもりねっとわーく
年度 2010年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,594,276
助成金額: ¥5,275,000
事業内容 1.「海・川の名人の聞き書き」事業
1)参加高校生の募集
2)「聞き書き」研修会の実施
・8月11日から14日、都民ホールと高尾の森わくわくビレッジにて「聞き書き」の手法等を学ぶ研修会を実施。森の聞き書き甲子園の参加者とあわせて100名の高校生が参加。
・研修の初日は都民ホールにて開会式を実施。阿川佐和子氏、塩野米松氏による卒業生と名人への対談を行う。その後、参加高校生は高尾の森わくわくビレッジへ移動。2日目に「聞き書き」の手法について講義を受けた後、14のグループに分かれて実習を行う。3日目には実習で作成したレポートの振り返りを実施。あわせて、写真講習、「高尾100年の森」での里山見学を行う。4日目に日本の自然と人の暮らしについての講義を受け、「聞き書き」取材に向けた準備を行ってもらう。
(4)取材する名人との組み合わせ作成
(5)10月〜1月 高校生による「海・川の名人」の取材
(6)「聞き書きレポート」提出締め切り・代表作品の選定
(7)「聞き書き」レポート作品集の作成
(8)3月27日フォーラムの開催《中止》
(9)「海の体験活動」に向けた打合せの実施
  
2.「海・川の名人」選定事業
1)「海・川の名人」の候補者情報の収集
2)「海・川の名人」選定委員会の実施
3)選定結果の告知・プレスリリース
4)「海・川の名人」の表彰

3.環境学習活動事業
1)「海の森」での植樹体験《中止》
2)海と森の関係について学ぶ講義の実施《中止》
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。